athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
生年月日 : 1984年03月27日
身長・体重 : 167.4cm/74.5kg
出身 : 茨城県 つくば市
競技 : フィンスイミング
所属 : NAIA-Finswimming Team
プロフィール | 戦績

ファン数:29


Finswimmer池口 貴雄Official Blog


プロフィール

名前 池口 貴雄 (いけぐち たかお)
所属チーム NAIA-Finswimming Team
生年月日 1984-03-27生まれ
出身 茨城県 つくば市
身長・体重・血液型 167.4㎝   /   74.5kg   /   O型
活動拠点 東京辰巳国際水泳場 横浜国際プール

自己紹介

はじめまして~

池口 貴雄 (いけぐち たかお)と申します!

私は、フィンスイミングという競技をおこなっています。

 

フィンスイミングとは?という方もいると思うので、少し紹介したいと思います。

フィンスイミング は名前の通り、フィン(足ひれ)を付けてプールや海でタイムを競う競技。

足ひれも、イルカ尾ひれの様な形の両足で一つのフィンを履くモノフィンと、

片足に一つずつ履くビーフィンの二種類があります。

競泳同様、50mから1500mまであり、オープンウォーターも世界大会種目としてあります。

ルールもスタートとターン後は15mまでの潜水が可能です。

違いは、種目数がサーフィス・アプ二ア・イマージョン・ビーフィンの4種目あり、

モノフィン競技はストリームラインの姿勢でウェービングで泳ぎ、ビーフィン競技はクロールで泳ぎます。

 

・サーフィスは、シュノーケルを着用して50m~1500mの距離を身体の一部(シュノーケル含む)を水面に常に出して泳ぎます。

・アプネアは、50mのみの種目で潜水で水中を泳ぎます。(フィンスイミング最速の競技です)

・イマージョンは、空気タンクを手に持ち、水中を100m・400m・800mを泳ぎます。

・ビーフィンは、世界大会の種目になっているCMASビーフィンといい、50m・100m・200を協会認定ビーフィンを使用しクロールで泳ぎます。

又、国内試合のみのFRP製のビーフィン種目があり、50m・100m・400m・1500mの距離があります。


少しは分かっていただきましたか?


※競技を始めたきっかけ~現在

私がフィンスイミングを始めたきっかけは、子供の頃に通っていたスイミングスクールで

コーチに誘われたことからでした。

最初は、競泳の延長として楽しむために出場しました。

そして試合に出場し、初めて見たモノフィンのスピードに驚き、一気に興味を持ちました。

そこから10年を超える選手活動が始まりました。

 

高校3年生時は、ユース世界選手権大会に出場して更にのめりこみ、

シニアでも日本代表になりたいと、フィンスイミングクラブがある東京YMCAに進学。

しかし、在学中に日本代表になることができず、もっと運動の事・体の事を学び、

強くなりたいと当時から大学でフィンスイミングクラブがあった日本体育大学へ進学。

大学には、日本記録保持者の先輩も在籍しており、刺激ある環境の中トレーニングに励み、

大学2年生時にアジア選手権の日本代表となり、翌年には世界大会の代表入りができました。

 

現在は、卒業し自らNAIA-Finswimming Teamというチームを立ち上げ、

メンバー・後輩の育成、協会の強化指定選手コーチを行い、フィンスイミング普及を行っています。

又、プールでインストラクターのアルバイトをしながら競技を続けています。

 

池口貴雄の事も少しは分かっていただけましたでしょうか!?

是非、応援よろしくお願いします!

皆さんの応援が日々の練習やトレーニングを頑張る力となり、

それがレースでは日本の底力を見せる力となります!

 

≪学歴≫

つくば市立谷田部中学校

→茨城県立茎崎高等学校

→東京YMCA社会体育専門学校

→日本体育大学

≪所属チーム履歴≫

アックアセレーナ

→東京YMCA

→日本体育大学

→SPLASH

→NAIA-Finswimming Team


チャレンジ・メッセージ
世界のファイナリストになる!
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 8400以上の支援で

    フィンスイミングパーソナルレッスン

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   一般社団法人 疲労回復協会   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.