【キックボクシング】J-Girlsピン級暫定王者から正規王者に!松下えみ

松下

■大会名=J-GIRLS 2016~Believe the unbreakable hearts~
■主催=J-NETWORK
■日時=2016年12月25日
■場所=新宿FACE
■結果=第10試合:J-GIRLSピン級王座決定戦 2分5R(延長1R)
   ◯松下えみ(T-KIX GYM/J-GIRLSピン級暫定王者、初代Bigbang女子同級王者、TRIBELATE同級王者)
    vs判定3-0(49-48 49-48 49-48)
   XCOMACHI(MSJ/J-GIRLSピン級3位、WPMF日本女子同級王者、KOS女子同級王者)

松下えみが、J-GIRLSピン級正規チャンピオンに。

■サイト=http://blog.livedoor.jp/ladygo1999/archives/9446178.html
     http://efight.jp/result-20161225_252482

 

【本人コメント】
会場にはジムの仲間や教え子がいっぱい来てくれて、
これからキックを始めようとする子供達もいる前で凄いプレッシャーがあったんですけど、
勝ててホッとしています。

堂々とJ-GIRLSのチャンピオンと言えることが出来て本当に嬉しいです。

COMACHI選手、リベンジしたいと思うんで、
WPMFのチャンピオンベルトを賭けて、私もベルトを賭けて取りに行くんで、宜しくお願い致します。

サポート、応援に来てくれたみんな、両親、両親に
最高のクリスマスプレゼントが出来て恩返しが出来て本当に嬉しいです。
どうもありがとうございます。

 

2016年12月25日/キックボクシング・松下えみ

 

Image 1

 

【車椅子陸上】ぎのわんハーフマラソンで優勝!西田宗城

西田

■大会名=全労済カップ第28回ぎのわん車いすマラソン

■主催=ぎのわん車いすマラソン実行委員会

■日時=2016年12月11日

■場所=沖縄県宜野湾市

■結果=45分30秒(ハーフマラソン):優勝

 

【本人コメント】

12月11日に開催された第28回ぎのわん車いすマラソンに出場し、
45分30秒で優勝しました!

今大会に向けて、調子は上向いていなかった為、
今の状態でどのようなレース展開ができるかを重点に、レースに臨みました。

レースは2016リオ・パラリンピック日本代表主将の松永選手が飛び出し、
先行される展開になりましたが、
距離をみながら、レースをコントロールすることができました。
自分のレース展開は、先行していくタイプだと思っています。
このレースでは、それとは違う展開を経験できたことは収穫だと思っています。
様々なレースを経験し、強い選手になっていきたいと思います。

次のレースは2017年2月26日に行われる「東京マラソン」です。
そこに向け、調整していきたいと思います。
皆さま、応援ありがとうございました。

 

2016年12月11日/車椅子陸上・西田宗城

 

Image 1

 

【カヌー(スラローム)】日本選手権で優勝!八木愛莉

八木

■大会名=日本選手権大会
平成28年度日本カヌーワイルドウォーター選手権大会
平成28年度日本カヌースラロームジュニア選手権大会
平成28年度日本カヌーワイルドウォータージュニア選手権大会
2016カヌーワイルドウォータージャパンカップ 最終戦
2016カヌースラロームジャパンカップ 最終戦

■日時=2016年10月22日(土)~23日(日)

■場所=東京都青梅市・御岳特設カヌーコース

■結果=女子カナディアンシングル種目・優勝

■関連サイト=http://www.canoe.or.jp/top.html

 

【本人コメント】

9月28日にヨーロッパでシーズンを終えて帰国し、
10月22,23日に東京都青梅市で開催された、
2016年国内公式レースの最終戦となるジャパンカップに出場させていただきました。

帰国後は、人工コースから自然の流れのコースへと環境が変わり、
はじめは不規則な流れの変化に対応することができずに焦りを感じていましたが、
練習を重ね、感覚を少しずつ取り戻すことができました。
予選で、イメージ通りのレースを作ることができ、決勝ではミスが増えてしまいましたが、
大きな自信をもって試合に臨みました。

2016年全てのシーズンを1位という形で終えることができ、
いつも応援・サポートしていただいた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

今回の試合は、ドイツのトップ選手(五輪メダリストやワールドカップメダリスト)や
台湾、韓国からもゲスト選手が参戦し、とても豪華な大会になりました。
来シーズンに向けて、オフシーズンも日々練習・トレーニングを重ねて精進してまいります。
今後とも応援よろしくお願いいたします。

2016年10月23日/カヌー(スラローム)・八木愛莉

Image 1

 

【サーフィン】JPSAプロ8戦で優勝!黒川日菜子

黒川

■大会名=JPSA 第8戦/ブルーエコシステムプロ
■主催=JPSA(一般社団法人 日本プロサーフィン連盟)
■日時=2016年10月13日~16日
■場所=千葉県長生郡一宮町釣ヶ崎海岸(志田下)
■結果=女子ショートボード・優勝
■関連サイト=http://www.jpsa.com/schedule/report2016_1_8.html

 

【本人コメント】

みなさんのおかげでJPSAの試合で優勝できました!

わたし的には初めてのJPSAの試合でした。

オーストラリアに行ってから思うように日本で勝てず、

思い悩んだ時もありましたが

この試合で勝ててすごく嬉しいです!

 

自分の壁を少し乗り越えれた気がします!!

たくさんの応援、ありがとうございましたm(__)m

 

2016年10月16日/サーフィン・黒川 日菜子

 

 

Image 1

 

【ジェットレース(水上バイク)】全日本シリーズで王者に!小原聡将

小原1

■大会名=2016 JJSBA CHAMPIONSHIP シリーズ
■主催=JJSBA(日本ジェットスキー協会)
■日時=2016年4月~10月(全8戦)
■場所=R-1 大阪府貝塚市二色浜海浜公園
    R-2 福岡県中間市垣生遠賀川河川敷
    R-3 福島県会津若松市湊町猪苗代湖崎川浜
    R-4 福島県会津若松市湊町猪苗代湖崎川浜
    R-5 石川県羽咋市千里浜なぎさドライブウェイ
    R-6 石川県羽咋市千里浜なぎさドライブウェイ
    R-7 大阪府貝塚市二色浜海浜公園
    R-FINAL 兵庫県南あわじ市慶野松原海水浴場
■結果=A X2クラス・全日本チャンピオン
■関連サイト=http://www.kawasaki-motors.com/js/JJSBA/race.html

https://www.kawasaki-motors.com/js/JJSBA/pdf/16jjsba_point.pdf

 

 

【本人コメント】

昨年に引き続き2年連続で全日本チャンピオンを獲得出来ました。

この結果は、変わらぬご支援を頂いておりますスポンサー様方や、

常に応援をしてくださっているファンの方々の支えがあって達成いたしました。

本当にありがとうございました。

 

今年は、特に海外戦に主をおいていた為、全日本選手権へ全戦参戦ができない状態でした。

その為、ポイントリーダーで迎えた最終戦も、

レース終了まで誰がチャンピオンになるか全く予想が付かない程トップグループが僅差でした。

 

決勝でのスタート失敗による最後尾スタート、レース中の3回の転倒で、

スポンサー様方やファンの方々へ不安、絶望感を抱かせてしまった事にとても反省しております。

悲痛な叫びや、涙を流された方もいたとレース後聞きました。

本当に申し訳ありませんでした。

ただ、それと同時に、私の戦うレースもお見せできたと思います。

最後尾スタートや、何度転倒しても最後まで諦めず1台1台抜かして行き、

最終的には11台抜きをしてトップを目前にしてゴールいたしました。

そして、ポイント計算の結果、僅差ではありましたが全日本チャンピオンが決定いたしました。

 

一緒に喜んで頂けたスポンサー様方や、ファンの方々の笑顔が今でも忘れられません。

本当にありがとうございました。

来年も、世界戦を主に戦って参りますので、

今のところ国内戦にどこまで参戦できるか判りませんが、

出るレースは全て全力で戦って参りますので、

今後とも応援の程よろしくお願いいたします。

 

2016年10月09日/水上バイク・小原聡将

Image 1

 

2016 JJSBA CHAMPIONSHIP シリーズ

【パワーリフティング】Japanクラシックマスターズで3位!川合正行

きkl

■大会名=第21回ジャパンクラシックマスターズパワーリフティング選手権大会
(2017世界クラシックパワーリフティング選手権大会・選考競技会)
(2017アジアクラシックパワーリフティング選手権大会・選考競技会)

■日時=2016年9 ​​月17~18日

■場所=秋田県男鹿市/男鹿観光ホテル

■結果=マスターズ1(M-1) 男子​59kg級=​3位

■関連サイト=http://www.jpa-powerlifting.or.jp/2015/wp-content/uploads/2016/01/20160917-18_JCMPL_Result.pdf

 

【本人コメント】

先週の「いわて国体」(※)に続き、

東北遠征でジャパンクラシックマスターズに出場しました。

一度戻って、先週までの疲れを取り除くメンテナンスを行い、16日に現地入り。

先週の結果を踏まえて、試技重量も安定できる重量で行いました。

この判断が功を奏して、銅メダルを獲得。

全国大会3回目で初めての表彰台に上ることができました。

大変嬉しい出来事でした。

 

このリザルトによって、

2017世界クラシックパワーリフティング選手権大会と

2017アジアクラシックパワーリフティング選手権大会の参戦権利も獲得しました。

どうもありがとうございます。

 

この結果は今まで支えてくださったファンの皆様、サポーターの皆様、ジムオーナー、

ジムメンバー、協会関係者、そして選手全ての方々のお陰です。

これからも応援宜しくお願いします。​

 

2016年9月18日/パワーリフティング・川合 正行

 

Image 1

 

 

———————–

※先週の国体
■大会名=第71回希望郷いわて国体 公開競技パワーリフティング
■日時=2016年9 ​​月10 ​​~11日
■場所= 岩手県平泉町/平泉町立平泉小学校体育館
■結果=一般 男子​59kg級=​7​位
■関連サイト=http://www.jpa-powerlifting.or.jp/2015/wp-content/uploads/2016/01/20160910-11_kokutai_Result.pdf
■コメント
2015年の国体からパワーリフティング競技は​公開種目になり、
2015年の和歌山国体はコーチとして初めて参加しましたが、
今年は長年の夢であった「選手」として出場​。
しかし、スクワット​試技中にふくらはぎが攣るトラブルがあり、
結果的に疲労と怪我?の影響で十分な力を発揮することなく結果7位。

【電動車椅子サッカー】全国大会で準優勝&優秀選手賞!中野勇輝

中野

■大会名=第8回パワーチェアーフットボールブロック選抜大会

■主催=一般社団法人 日本電動車椅子サッカー協会

■日時=2016年9月3日(土)、4日(日)

■場所=マエダハウジング東区スポーツセンター

■結果=準優勝、優秀選手に選出

■関連サイト=https://www.facebook.com/events/1796990820537134/permalink/1809773305925552/

 

【本人コメント】

地元広島で開催された全国大会で準優勝することができました!

たくさんの方が応援に駆けつけてくださり、

皆様の声援が本当に嬉しかったです。

ありがとうございました!

 

決勝戦は、

元サッカー日本代表で日本障がい者サッカー連盟会長の北澤豪さまや

元サンフレッチェ広島の中島浩司さまがご観戦くださいました。

 

中国ブロック選抜チーム主将として

選手宣誓を務めました。

Youtubeに動画をアップしていますので、

ぜひご覧ください!

 

2016年9月4日/電動車椅子サッカー・中野勇輝

Image 1

 

 

【4輪 F4】FIA-F4・第11戦で優勝!大滝拓也

図1

■大会名=FIA-F4 Japanese championship 第11戦

■主催=GTA(GTアソシエイション)、鈴鹿サーキット

■日時=2016年8月27日

■場所=鈴鹿サーキット 国際レーシングコース

■結果=予選タイムトライアル1位→決勝10周レース1位(33台中)

■主催サイト=https://fiaf4.jp

 

【本人コメント】

今回のレースウィーク、水曜日のトレーニング走行から始まり、

ペースが上がらず苦戦しておりましたが、自分の走りを試す事に集中し、

レース前日の金曜日には上手くトップタイムを出せる走りまで持っていく事が出来ました。

 

土曜日に行われた第11戦の予選タイムトライアルでは、

自分の走りが出来ればトップを取れる自信があり、

落ち着いて走る事ができ無事悠々のトップタイムを出す事が出来ました。

 

決勝レースでは初めての1番グリッドからのスタートという事で、

とにかく自分を落ち着かせ、出来るだけ緊張をほぐしながらの取り組みとなりました。

結果スタートを上手く切ることが出来、後ろが離れていくのを見て自分の走りに集中する事が出来ました。

最終的には2番手以降を12秒引き離し、ダントツでのトップチェッカーとなりました。

 

全14戦、全国を転戦するこのレース。

僕は今年の総合順位が16番手、最高順位8位と中々結果を残せず苦しみましたが、

去年卒業したSRS-F(鈴鹿サーキットレーシングスクールフォーミュラ)で学んだ事を、

ここ鈴鹿サーキットで全て発揮出来、優勝という形で結果を出せた事がとても嬉しく思います。

これまでサポートしてくれた全ての方へ、ありがとうを伝えたいです。

 

また僕が目指しているのは日本人初のF1チャンピオン。

まだまだ通過点、成長段階の一部です。さらなる努力と成長をします!

今後とも注目していて貰えると嬉しいです。

 

2016年8月27日/4輪 F4・大滝拓也

Image 1

 

 

【ローラースキー】全日本選抜ローラースキー大会で3位!小島佑司

図1

■大会名=全日本選抜ローラースキー大会

■主催=富山県スキー連盟

■日時=2016年8月7日

■場所=富山県猿倉・芝生公園

■結果=3位

■主催サイト=https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=sites&srcid=ZGVmYXVsdGRvbWFpbnx5b3Vrb3UyNnJvbGxlcnxneDoxMzc0NGU1YjM4N2M5NWVj

 

【本人コメント】

結果は3位でしたが、

昨年よりもタイム短縮をしていて自分でもびっくりしています。

勝ちを意識して積極的にレースを自分から動かしていきましたが、

ラスト1kmで失速してしまったのはトレーニング不足による

持久力と最大酸素摂取量の低下が原因だと思います。

練習量は落ちていますが、

仕事柄、勉強する解剖学で学んだ体の使い方を、

自体実験して身体操作性が増しています。

結果的にパフォーマンスが向上していることは大きな収穫であり、

今後、仕事と両立して競技を楽しむという点でも大きな可能性を感じています。

2016年8月7日/ローラースキー・小島 佑司

 

Image 1

 

 

【ジェットレース】JJSBAシリーズ 第6戦で優勝!小原聡将

小原2

■大会名=2016 JJSBA CHAMPIONSHIP シリーズ 第6戦(千里浜大会)

■主催=JJSBA 日本ジェットスキー協会

■日時=2016年7月9~10日

■場所=石川県羽咋市千里浜なぎさドライブウェイ

■結果=A X2クラス優勝

■関連サイト=http://www.kawasaki-motors.com/js/JJSBA/race.html

 

【本人コメント】

昨年2015シリーズタイトルを獲得したJJSBAの全日本選手権です。

今年2016年も昨年に引き続き年間チャンピオンを目指し、

海外戦の合間をぬって参戦しております。

海外戦を優先した国内戦参戦の為に、欠場している大会もありますが、

今回の優勝によってシリーズランキング1位にまできました。

 

残り国内戦は2戦となりますが、最後まで気を引き締めて

昨年同様シリーズチャンピオンを目指します。

応援して頂いた皆様、有難うございました!

 

(表彰式プレゼンターはAKB48のチーム8でした!)

2016年7月10日/水上バイク・小原聡将

 

Image 1