カテゴリー別アーカイブ: 未分類

【キックボクシング】J-Girlsピン級暫定王者から正規王者に!松下えみ

松下

■大会名=J-GIRLS 2016~Believe the unbreakable hearts~
■主催=J-NETWORK
■日時=2016年12月25日
■場所=新宿FACE
■結果=第10試合:J-GIRLSピン級王座決定戦 2分5R(延長1R)
   ◯松下えみ(T-KIX GYM/J-GIRLSピン級暫定王者、初代Bigbang女子同級王者、TRIBELATE同級王者)
    vs判定3-0(49-48 49-48 49-48)
   XCOMACHI(MSJ/J-GIRLSピン級3位、WPMF日本女子同級王者、KOS女子同級王者)

松下えみが、J-GIRLSピン級正規チャンピオンに。

■サイト=http://blog.livedoor.jp/ladygo1999/archives/9446178.html
     http://efight.jp/result-20161225_252482

 

【本人コメント】
会場にはジムの仲間や教え子がいっぱい来てくれて、
これからキックを始めようとする子供達もいる前で凄いプレッシャーがあったんですけど、
勝ててホッとしています。

堂々とJ-GIRLSのチャンピオンと言えることが出来て本当に嬉しいです。

COMACHI選手、リベンジしたいと思うんで、
WPMFのチャンピオンベルトを賭けて、私もベルトを賭けて取りに行くんで、宜しくお願い致します。

サポート、応援に来てくれたみんな、両親、両親に
最高のクリスマスプレゼントが出来て恩返しが出来て本当に嬉しいです。
どうもありがとうございます。

 

2016年12月25日/キックボクシング・松下えみ

 

Image 1

 

【ラフティング】全日本レースラフティング選手権大会で日本代表に認定!THE RIVER FACE

yy図1

■大会名=第2回・全日本レースラフティング選手権大会(日本代表選考会)
■主催=一般社団法人・日本レースラフティング協会
■日時=2015年6月20~21日
■場所=徳島県三好市 吉野川
■結果=2015年度オープン女子カテゴリーでの日本代表に認定。
(同カテゴリー出場チームが無かった為に、優勝ではなく、

競技パフォーマンス上、協会が日本代表を認定した形)

■大会サイト=http://www.racerafting.org/news/2015/06/2-3.html

 

【本人コメント】

12月のインドネシアでの世界大会に向けて、
まず、無事に日本代表権を得ることができました。

しかしながら、レース内容や結果に関しては、まだまだ課題が多く、

世界で戦うには実力が足りないと感じるレースでもありました。

ここからまた、チーム一丸となって、世界一にむけて頑張ります。

 

なお、今大会では世界ラフティング協会の視察もあり、

2年後の2017年、
ここ徳島県の吉野川で世界大会が開催されることが正式に決定しました!

レースラフティングをより多くの人に知ってもらうこのビッグチャンスに、

私たちの活動が少しでも貢献できればと思います。

今後とも、応援どうぞよろしくお願いいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2017世界大会関連記事

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

①世界ラフティング協会(IRF)

http://www.internationalrafting.com/2015/06/japan-announced-as-2017-world-rafting-champs-hosts/

②読売新聞ニュース

http://www.yomiuri.co.jp/local/tokushima/news/20150621-OYTNT50105.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

2015年6月21日/ラフティング・THE RIVER FACE(キャプテン:水澤知香)

 

Image 1

 

 

【フリーダイビング】第11回フリーダイビング・インドアカップ2015で総合優勝!廣瀬花子

廣瀬

■大会名=第11回フリーダイビング・インドアカップ2015 in館山
■主催=JAS(日本フリーダイビング協会)
■日時=2015年4月11~12日
■場所=千葉県館山市 館山市営プール
■結果=総合優勝(STA 5分52秒:2位、DYN 164m:2位、DNF 109m:3位
■関連サイト=http://aida-japan.com/important/2614.html

 

【本人コメント】

今シーズン初出場となる試合で、身体も心も準備不足で不安は多々ありましたが、
事前練習で追い込んできたものを精一杯発揮する事が出来てほっとしています。
今回は、距離や目標値をイメージする事に不安だらけだったので、
まったく意識せずに、ただ試合前のメンタルコントロールだけに集中していました。
スタートの瞬間が近づくにつれて、

 

一刻一刻と変わりゆく自分の弱い心中に集中して、
完全な自信を持たせる。というやりとりの中では、
初めて日本記録に挑もうとした場所でもあり、

 

ここ館山大会での経験や積まれた想いが私をかなり後押ししてくれたと思います。

 

ただ2日目のダイナミックウィズフィンを泳いだ後はすっかり集中が切れてしまったので、
同日2種目目のダイナミックノーフィンになると、

 

スタートもターンも失敗だらけで、もう少し泳げたのかな。。と振り返ってしまいます。
全て自己ベストの数字には遠いですが、
今シーズンの試合を進めていくのに、とても強みになるパフォーマンスが出来ました。
そして改めてフリーダイビングの面白さや難しさを感じながらも、
今大会6年ぶりに獲得した総合優勝を大変有り難く思います。
スポンサー、スタッフみなさま、サポート、応援してくれた方々、
今迄の経験すべてに感謝です。

 

ありがとうございました!
これをまたスタートと思いながら、

 

次戦は2週間後の4月25日に控えた辰巳インドアカップに向けて、
引き続き集中していきます。

 

2015年4月14日/フリーダイビング・廣瀬花子

 

Image 1