カテゴリー別アーカイブ: ウィンドサーフィン

【ウィンドサーフィン】九州選手権で兄弟でメダル獲得!吉松 龍海・愛翔

図1

■大会名=JWA九州選手権大会 2016

■主催=日本ウインドサーフィン協会・九州選手権大会実行委員会

■日時=2016年7月3日(日)

■場所=大分県住吉浜リゾートパーク 沖合

■結果=(兄)龍海U17クラス優勝、(弟)愛翔U15クラス2位

  

【本人コメント】

僕たちの参加したテクノクラスは総勢60名ほどで一斉スタートでした。
課題はスタートで出遅れない!でしたが、
海上のスタートラインは完全にブロックされていましたが

その後の挽回で1周まわった時は真ん中辺りでゴール出来ました。
(大人は2周の為もう1周)

まだまだ課題は沢山ありますが、

練習の成果を確実に実戦に活かしていきます。
  

2016年7月3日/ウインドサーフィン吉松 龍海・愛翔

 

Image 1

 

 

【ウインドサーフィン】JapanツアーTOYOTAカップで2位!鈴木文子

図1

■大会名=JWAジャパンツアー2015-2016・第4戦TOYOTA JAPAN CUP
■主催者=JWA、TOYOTA JAPAN CUP実行委員会
■日時=2016年1月15~17日
■場所=沖縄県八重山郡竹富町小浜島リゾナーレ小浜島海域
■結果=2位
■関連サイト=http://www.jw-a.org

 

【本人コメント】

この大会は昨年に続き2年目の開催となりました。
賞金総額も昨年よりも大幅アップし、
これだけ大きなスポンサーがついた国内大会は、私がプロになってから初めての事。
プロ・ウィメンズクラスもここ数年では過去最高のエントリー数があり、
昨年は1ポイント差で優勝を逃したので、
今年はリベンジをかけた私にとって、非常に大事な試合でした。

コンディションも新しい道具のチューニングも最高でしたが、
大会2日目の2レースを終えた時点で第1レース1位、第2レース2位と暫定トップとなりましたが、
最終日の第3レースでスタートでミスをしてしまい、3位に順位を落とし、
トップ選手と同率ポイントで結果2位となってしまいました。
今回は優勝を有言実行で!!と言いきっていたので、有言実行出来なくて残念です。

次回は2015-2016ツアーの最終戦が3月に大分県で行われます。
新しい道具も今までにない最高の仕上がりになっているので、
最終戦は優勝目指して、最後は表彰台の真ん中に立ちたいと思います。
現在は全日本ランキング2位となっていますが、
最後まで諦めずに頑張りたいと思いますので、これからも応援宜しくお願いします。
たくさんの応援ありがとうございました。
2016年1月17日/ウィンドサーフィン・鈴木文子

 

Image 1

 

ウインドサーフィン・鈴木文子

【ウィンドサーフィン】JAPAN TOUR 第5戦で優勝!鈴木文子

図1

■大会名=JWA JAPAN TOUR SLALOM 第5戦 住吉浜カップ
■主催者=JWA
■日時=2015年3月20~22日
■場所=大分県・住吉浜
■結果=優勝
■主催者サイト=http://www.jw-a.org/result/2015/0320_sumiyoshihama_result.pdf

【本人コメント】

2014年度の最終戦が大分県住吉浜で行われ、優勝しました!!

この大会は2014年度ランキングが決まる大事な大会でした。
今シーズンは5戦ある内、成績の悪い1戦をカットして、
成績の良い4レースの総合ポイントで年間ランキングが決まります。
大会の始まった2日間は風が上がりきらず、練習のみで終わり、
最終日の日曜日に2レース続けて行われました。

ここの浜はレース海面に行くまでに距離があるので、
風が強すぎるか弱すぎるか、なかなか判断の難しい場所です。
他の場所だと、一度海に出てからまた浜に帰って道具を変えたり出来ますが、
ここは浜とレース海面への行き来にとても時間のかかる場所でもあります。
なので、ギリギリまで海面を見て判断する必要がありました。
しかし今回は濃霧でレース海面が全く読めませんでした。
海上の本部船から風13~18ノットという情報だけを聞いて、道具を選び海面へ向かいました。

1レース目は、私は他の女子選手よりもワンサイズ大きなセイルサイズをチョイスしたので、
スタートの位置を一番下からスタートする事を考え、
それが結果トップフィニッシュに繋がって良かったです。
2レース目はセイルサイズをワンサイズ落として行きましたが、
スタートが悪くトップを走る選手の差をなかなか縮める事ができませんでした。
結果は1位、2位と総合ポイント3位で優勝する事が出来ました。

今シーズンはワールドツアーも含め、
良い時と悪い時の差が激しく波のある成績が多かったです。
自分の中では決して調子が悪かった訳ではなかったのですが、
中々成績に結びつかずにかなりモヤモヤしたシーズンでした。
でも、最終戦だけは最後まで諦めずに優勝を目指してたので、今回は本当に嬉しいです。

今年の目標の1つでもあった年間ランキング4連覇は達成出来ませんでしたが、
今シーズンは1戦欠場してしまったので、この大会で優勝して年間ランキングを2位となりました。

今年は、
第1戦・浜名湖カップ優勝、
第2戦・検見川浜サマーカップ欠場、
第3戦・掛川サーフスラローム5位、
第4戦・JWA TOYTA ジャパンカップ2位、
第5戦・住吉浜カップ優勝という成績でシーズンを終えました。

今年1年、競技道具のサポートして頂いているスポンサーの皆様、
アスリートエールを通じてサポートして頂きました皆様、
ファン登録して頂いた皆様、
鈴木ブンコを応援して頂いている全ての皆様に!!
ありがとうございました。

2014年シーズンは年間ランキングも逃し、目標は達成出来ませんでしたが、
すぐに2015年の初戦が始まります。
初戦は優勝という形で良いスタートを切りたいと思います。

今年も世界へ向けて準備は出来ています。
また今年も皆様からのご支援宜しくお願いいたします。
2015年3月22日/ウィンドサーフィン・鈴木文子

 

Image 1

【ウィンドサーフィン】JAPAN TOUR第4戦で2位!鈴木文子

図1

■大会名=JWA JAPAN TOUR SLALOM 第4戦/TOYOTA JAPAN CUP 2015
■主催者=JWA(NPO日本ウインドサーフィン協会)
■日時=2015年1月10〜12日
■場所=沖縄県八重山郡竹富町・小浜島(八重山諸島)
■結果=2位
■関連サイト= http://www.jw-a.org/result/2015/0110_tjcup_result.pdf

 

【本人コメント】

八重山諸島の小浜島でJAPAN ツアー第4戦が行われました。

11~3月にかけて、本州が寒い冬型の気圧配置になると、

小浜島では季節風が強まる場所でもあり、

ウィンドサーファーに最高の風に恵まれる事でも人気があります。

ここ数年で、ウィンドサーフィンのレンタルショップなどもオープンし、

毎年冬には多くのウィンドサーファーが訪れる人気スポットとなってきました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

私も2年前にここを訪れて練習をしましたが、

10メートル以上の強風が吹いてもリーフに囲まれているので大きな波も立つこともなく、

私の行っているウィンドサーフィンの中でも、

スラロームと呼ばれるスピードを必要とする競技には最高の開催地となりました。

 

今回は風に恵まれて、女子は8レースも開催、結果は2位。

 

正直言いまして、あまりに悔しくて、レース後はなんとも言えない絶望感もありました。

悔しい気持ちも残りますが、たくさんレースも出来て最終レースまで優勝争いを行い、

良いレースが出来たかなと思えるようになりました。

もちろん、優勝していれば最高のレースでした!!と思えたな・・・と思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

今回の大会では第5,6レースでミスをしました。

チューニングが合わないままスタート海面に行ってしまい、これは完全に“気持ち負け”となりました。

このかみ合ってないままでは不安な気持ちだけが残ってしまい、

それまでトップだったのに、このヒートはまさかのビリに・・・・・

その次も動揺していたのか、2位に浮上するも、またミスをして3位になるなど・・・・・

良いレースだっただけに、とても残念です。

 

でも、大会が終われば、

TOYOTAのメインスポンサーによって、女子賞金総額が大会前日に増額されるなど、

賞金総額が最高額になるプレゼントもありました。

よって、

余計に良い緊張感の高まりと、ライバル意識が高まる大会となり、良い経験が出来たと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

次の2015年3月・最終戦で、最終の年間ランキングが決まります。

現在、私は3位まで上がってきました。

 

JAPAN TOUR 4連覇には今大会で優勝しなければなりませんでした・・・・・

しかし、最終戦だけは必ず優勝して、最後は笑顔で表彰台に立ちたいと思います。

 

これからも、もっとプロウィンドサーファー鈴木ブンコとして、

色々な形でウィンドサーフィンの魅力をお伝え出来ればと思います。

 

是非、今後も多くの応援と御支援を宜しくお願い致します!!
2015年1月12日/ウィンドサーフィン・鈴木文子

 

Image 1