月別アーカイブ: 2015年3月

【キックボクシング】WPMF日本25Kg級タイトルマッチに勝利し3度目の防衛に成功!杉山空

杉山

■大会名=WPMF-JAPAN × REBELS
■日時=2015年 3月22日
■場所=ディファ有明
■結果=WPMF日本25Kg級タイトルマッチ勝利→3度目の防衛に成功

(2014年度WPMF日本Jr優秀選手賞を受賞)

【本人コメント】

ついに5冠を達成しました!

 

現時点での戦績は、56戦36勝(6KO)16敗4分となります。

・WPMF/25Kg級チャンピオン(防衛3回)

・MUAY THAI WINDY SUPER FIGHT/20Kg級級チャンピオン

・イノベーションSMASHERS/25Kg級チャンピオン

・WINDY SPORTS/25Kg級チャンピオン(2階級制覇)

・Bigbang /25Kg級チャンピオン(防衛1回)

 

5歳から、格闘技を始めて、5年が経ちました。

5歳からMー1(WPMF)ムエタイリングで戦い続けて、大きく成長させて頂きました。

試合に出始めた頃は、体も小さく、体重も軽く、中々対戦相手も見つからず、

大きい選手相手に頑張って戦ってきました。

何度も何度も負けてもリングに上がり続けました。

 

5年の月日が流れ、5冠という目標を達成する事が出来ました!

小さい頃から試合を観て下さった皆様、応援して頂いた皆様、ありがとうございます!

 

杉山 空(10歳)は、次の目標に向かって頑張ります!

これからもリングの上で、皆様に成長を観て頂けたらと思います!

よろしくお願いし致します!

 

2015年3月22日/キックボクシング・杉山空

 

Image 1

【ウィンドサーフィン】JAPAN TOUR 第5戦で優勝!鈴木文子

図1

■大会名=JWA JAPAN TOUR SLALOM 第5戦 住吉浜カップ
■主催者=JWA
■日時=2015年3月20~22日
■場所=大分県・住吉浜
■結果=優勝
■主催者サイト=http://www.jw-a.org/result/2015/0320_sumiyoshihama_result.pdf

【本人コメント】

2014年度の最終戦が大分県住吉浜で行われ、優勝しました!!

この大会は2014年度ランキングが決まる大事な大会でした。
今シーズンは5戦ある内、成績の悪い1戦をカットして、
成績の良い4レースの総合ポイントで年間ランキングが決まります。
大会の始まった2日間は風が上がりきらず、練習のみで終わり、
最終日の日曜日に2レース続けて行われました。

ここの浜はレース海面に行くまでに距離があるので、
風が強すぎるか弱すぎるか、なかなか判断の難しい場所です。
他の場所だと、一度海に出てからまた浜に帰って道具を変えたり出来ますが、
ここは浜とレース海面への行き来にとても時間のかかる場所でもあります。
なので、ギリギリまで海面を見て判断する必要がありました。
しかし今回は濃霧でレース海面が全く読めませんでした。
海上の本部船から風13~18ノットという情報だけを聞いて、道具を選び海面へ向かいました。

1レース目は、私は他の女子選手よりもワンサイズ大きなセイルサイズをチョイスしたので、
スタートの位置を一番下からスタートする事を考え、
それが結果トップフィニッシュに繋がって良かったです。
2レース目はセイルサイズをワンサイズ落として行きましたが、
スタートが悪くトップを走る選手の差をなかなか縮める事ができませんでした。
結果は1位、2位と総合ポイント3位で優勝する事が出来ました。

今シーズンはワールドツアーも含め、
良い時と悪い時の差が激しく波のある成績が多かったです。
自分の中では決して調子が悪かった訳ではなかったのですが、
中々成績に結びつかずにかなりモヤモヤしたシーズンでした。
でも、最終戦だけは最後まで諦めずに優勝を目指してたので、今回は本当に嬉しいです。

今年の目標の1つでもあった年間ランキング4連覇は達成出来ませんでしたが、
今シーズンは1戦欠場してしまったので、この大会で優勝して年間ランキングを2位となりました。

今年は、
第1戦・浜名湖カップ優勝、
第2戦・検見川浜サマーカップ欠場、
第3戦・掛川サーフスラローム5位、
第4戦・JWA TOYTA ジャパンカップ2位、
第5戦・住吉浜カップ優勝という成績でシーズンを終えました。

今年1年、競技道具のサポートして頂いているスポンサーの皆様、
アスリートエールを通じてサポートして頂きました皆様、
ファン登録して頂いた皆様、
鈴木ブンコを応援して頂いている全ての皆様に!!
ありがとうございました。

2014年シーズンは年間ランキングも逃し、目標は達成出来ませんでしたが、
すぐに2015年の初戦が始まります。
初戦は優勝という形で良いスタートを切りたいと思います。

今年も世界へ向けて準備は出来ています。
また今年も皆様からのご支援宜しくお願いいたします。
2015年3月22日/ウィンドサーフィン・鈴木文子

 

Image 1

【スキー・エアリアル】全日本選手権で3位!小坪太一

図1

■大会名=全日本スキー選手権大会フリースタイルスキーエアリアル競技
■主催者=公益財団法人全日本スキー連盟
■日時=2015年3月15日(日)
■場所=美深スキー場(北海道中川郡美深町字敷島347番地)
■結果=3位
■主催者サイト=http://www.ski-japan.or.jp/

【本人コメント】

前回大会が終わってから、夏季・冬季ともに
練習が思うようにできずに迎えた今大会でした。
圧倒的な練習不足ではありましたが、
今自分ができることに集中した結果表彰台に上がることができました。

いつもとは違う心境で、自分を俯瞰して観察できたので、
特にメンタル面や競技に取り組む姿勢について多くを得た気がします。
結果として十分に次につながる大会となりました。

全日本選手権をもって私の今シーズンは終わりましたが、
来シーズンに向けて、今できることを引き続き頑張っていきます。

 

2015年3月15日/スキー・エアリアル・小坪太一

 

Image 1

【シンクロナイズド・スケーティング】全カナダ選手権で2位!内田靖子

sss

■大会名=2015 Skate Canada Synchronized skating Championships
(全カナダシンクロナイズド・スケーティング選手権大会)
■主催者=Skate Canada
■日時=2015年2月27日~3月1日
■場所=カナダ ケベック州ケベックシティー
■結果=2位
■関連サイト
http://www.skatecanada.ca/event/2015-skate-canada-synchronized-skating-championships/
http://www.skatecanada.ca/2015/03/skate-canada-names-teams-for-2015-isu-world-synchronized-skating-championships-in-hamilton-ontario/
【本人コメント】

今大会での演技は、

個人的にもチーム全体的にもパーフェクトと言えるような演技ではありませんでした。

 

しかし、今シーズンの演技はショートプログラムもフリープログラムも、

ジャッジや観客の皆様からの印象が良く、

「滑っている自分自身も心から楽しめる」・・・そんなプログラムで、

開催場所が所属チームの地元=ケベック州ということもあり、

今までに感じたことのない大きな歓声を浴びて滑ることができました。

 

1位のチームは毎年、世界選手権で表彰台に上るチームではありますが、

今回このチームに勝てなかった事を本当に悔しく思います。

1位との点差は4点。

世界にはまだまだ強いチームが沢山います。

今回の結果から改善点を見直し、

4月の世界選手権までに、

パーフェクトの演技ができるよう練習に励みたいと思います。

応援よろしくお願いいたします。
2015年3月1日/シンクロナイズド・スケーティング・内田靖子

 

Image 1