月別アーカイブ: 2016年10月

【カヌー(スラローム)】日本選手権で優勝!八木愛莉

八木

■大会名=日本選手権大会
平成28年度日本カヌーワイルドウォーター選手権大会
平成28年度日本カヌースラロームジュニア選手権大会
平成28年度日本カヌーワイルドウォータージュニア選手権大会
2016カヌーワイルドウォータージャパンカップ 最終戦
2016カヌースラロームジャパンカップ 最終戦

■日時=2016年10月22日(土)~23日(日)

■場所=東京都青梅市・御岳特設カヌーコース

■結果=女子カナディアンシングル種目・優勝

■関連サイト=http://www.canoe.or.jp/top.html

 

【本人コメント】

9月28日にヨーロッパでシーズンを終えて帰国し、
10月22,23日に東京都青梅市で開催された、
2016年国内公式レースの最終戦となるジャパンカップに出場させていただきました。

帰国後は、人工コースから自然の流れのコースへと環境が変わり、
はじめは不規則な流れの変化に対応することができずに焦りを感じていましたが、
練習を重ね、感覚を少しずつ取り戻すことができました。
予選で、イメージ通りのレースを作ることができ、決勝ではミスが増えてしまいましたが、
大きな自信をもって試合に臨みました。

2016年全てのシーズンを1位という形で終えることができ、
いつも応援・サポートしていただいた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

今回の試合は、ドイツのトップ選手(五輪メダリストやワールドカップメダリスト)や
台湾、韓国からもゲスト選手が参戦し、とても豪華な大会になりました。
来シーズンに向けて、オフシーズンも日々練習・トレーニングを重ねて精進してまいります。
今後とも応援よろしくお願いいたします。

2016年10月23日/カヌー(スラローム)・八木愛莉

Image 1

 

【サーフィン】JPSAプロ8戦で優勝!黒川日菜子

黒川

■大会名=JPSA 第8戦/ブルーエコシステムプロ
■主催=JPSA(一般社団法人 日本プロサーフィン連盟)
■日時=2016年10月13日~16日
■場所=千葉県長生郡一宮町釣ヶ崎海岸(志田下)
■結果=女子ショートボード・優勝
■関連サイト=http://www.jpsa.com/schedule/report2016_1_8.html

 

【本人コメント】

みなさんのおかげでJPSAの試合で優勝できました!

わたし的には初めてのJPSAの試合でした。

オーストラリアに行ってから思うように日本で勝てず、

思い悩んだ時もありましたが

この試合で勝ててすごく嬉しいです!

 

自分の壁を少し乗り越えれた気がします!!

たくさんの応援、ありがとうございましたm(__)m

 

2016年10月16日/サーフィン・黒川 日菜子

 

 

Image 1

 

【ジェットレース(水上バイク)】全日本シリーズで王者に!小原聡将

小原1

■大会名=2016 JJSBA CHAMPIONSHIP シリーズ
■主催=JJSBA(日本ジェットスキー協会)
■日時=2016年4月~10月(全8戦)
■場所=R-1 大阪府貝塚市二色浜海浜公園
    R-2 福岡県中間市垣生遠賀川河川敷
    R-3 福島県会津若松市湊町猪苗代湖崎川浜
    R-4 福島県会津若松市湊町猪苗代湖崎川浜
    R-5 石川県羽咋市千里浜なぎさドライブウェイ
    R-6 石川県羽咋市千里浜なぎさドライブウェイ
    R-7 大阪府貝塚市二色浜海浜公園
    R-FINAL 兵庫県南あわじ市慶野松原海水浴場
■結果=A X2クラス・全日本チャンピオン
■関連サイト=http://www.kawasaki-motors.com/js/JJSBA/race.html

https://www.kawasaki-motors.com/js/JJSBA/pdf/16jjsba_point.pdf

 

 

【本人コメント】

昨年に引き続き2年連続で全日本チャンピオンを獲得出来ました。

この結果は、変わらぬご支援を頂いておりますスポンサー様方や、

常に応援をしてくださっているファンの方々の支えがあって達成いたしました。

本当にありがとうございました。

 

今年は、特に海外戦に主をおいていた為、全日本選手権へ全戦参戦ができない状態でした。

その為、ポイントリーダーで迎えた最終戦も、

レース終了まで誰がチャンピオンになるか全く予想が付かない程トップグループが僅差でした。

 

決勝でのスタート失敗による最後尾スタート、レース中の3回の転倒で、

スポンサー様方やファンの方々へ不安、絶望感を抱かせてしまった事にとても反省しております。

悲痛な叫びや、涙を流された方もいたとレース後聞きました。

本当に申し訳ありませんでした。

ただ、それと同時に、私の戦うレースもお見せできたと思います。

最後尾スタートや、何度転倒しても最後まで諦めず1台1台抜かして行き、

最終的には11台抜きをしてトップを目前にしてゴールいたしました。

そして、ポイント計算の結果、僅差ではありましたが全日本チャンピオンが決定いたしました。

 

一緒に喜んで頂けたスポンサー様方や、ファンの方々の笑顔が今でも忘れられません。

本当にありがとうございました。

来年も、世界戦を主に戦って参りますので、

今のところ国内戦にどこまで参戦できるか判りませんが、

出るレースは全て全力で戦って参りますので、

今後とも応援の程よろしくお願いいたします。

 

2016年10月09日/水上バイク・小原聡将

Image 1

 

2016 JJSBA CHAMPIONSHIP シリーズ