タグ別アーカイブ: 女性アスリート

【サーフィン】WSL japan・WQSで2位!黒川 日菜子

kurokawa

■大会名=women QS3000 Gotcha/ICHINOMIYA CHIBA OPEN
■主催=WORLD SURF LEAGUE Japan
■日時=2017年5月22~28日
■場所=千葉県一宮町、釣ヶ崎海岸
■結果=女子2位(これにて女子QSランキング27位へ)
■サイト=http://www.worldsurfleague.jp/2017/icopen/
http://www.wsljapantour.com/2017/05/28/14458/

 

【本人コメント】

家族のサポートがこの結果を生んでくれたと思います。

やっぱり2番は悔しいけど、すごく良い経験になりました。

応援してくださった皆さん、ありがとうございました!

 

2017年5月28日/サーフィン・黒川 日菜子

Image 1

 

【キックボクシング】J-Girlsピン級暫定王者から正規王者に!松下えみ

松下

■大会名=J-GIRLS 2016~Believe the unbreakable hearts~
■主催=J-NETWORK
■日時=2016年12月25日
■場所=新宿FACE
■結果=第10試合:J-GIRLSピン級王座決定戦 2分5R(延長1R)
   ◯松下えみ(T-KIX GYM/J-GIRLSピン級暫定王者、初代Bigbang女子同級王者、TRIBELATE同級王者)
    vs判定3-0(49-48 49-48 49-48)
   XCOMACHI(MSJ/J-GIRLSピン級3位、WPMF日本女子同級王者、KOS女子同級王者)

松下えみが、J-GIRLSピン級正規チャンピオンに。

■サイト=http://blog.livedoor.jp/ladygo1999/archives/9446178.html
     http://efight.jp/result-20161225_252482

 

【本人コメント】
会場にはジムの仲間や教え子がいっぱい来てくれて、
これからキックを始めようとする子供達もいる前で凄いプレッシャーがあったんですけど、
勝ててホッとしています。

堂々とJ-GIRLSのチャンピオンと言えることが出来て本当に嬉しいです。

COMACHI選手、リベンジしたいと思うんで、
WPMFのチャンピオンベルトを賭けて、私もベルトを賭けて取りに行くんで、宜しくお願い致します。

サポート、応援に来てくれたみんな、両親、両親に
最高のクリスマスプレゼントが出来て恩返しが出来て本当に嬉しいです。
どうもありがとうございます。

 

2016年12月25日/キックボクシング・松下えみ

 

Image 1

 

【カヌー(スラローム)】日本選手権で優勝!八木愛莉

八木

■大会名=日本選手権大会
平成28年度日本カヌーワイルドウォーター選手権大会
平成28年度日本カヌースラロームジュニア選手権大会
平成28年度日本カヌーワイルドウォータージュニア選手権大会
2016カヌーワイルドウォータージャパンカップ 最終戦
2016カヌースラロームジャパンカップ 最終戦

■日時=2016年10月22日(土)~23日(日)

■場所=東京都青梅市・御岳特設カヌーコース

■結果=女子カナディアンシングル種目・優勝

■関連サイト=http://www.canoe.or.jp/top.html

 

【本人コメント】

9月28日にヨーロッパでシーズンを終えて帰国し、
10月22,23日に東京都青梅市で開催された、
2016年国内公式レースの最終戦となるジャパンカップに出場させていただきました。

帰国後は、人工コースから自然の流れのコースへと環境が変わり、
はじめは不規則な流れの変化に対応することができずに焦りを感じていましたが、
練習を重ね、感覚を少しずつ取り戻すことができました。
予選で、イメージ通りのレースを作ることができ、決勝ではミスが増えてしまいましたが、
大きな自信をもって試合に臨みました。

2016年全てのシーズンを1位という形で終えることができ、
いつも応援・サポートしていただいた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

今回の試合は、ドイツのトップ選手(五輪メダリストやワールドカップメダリスト)や
台湾、韓国からもゲスト選手が参戦し、とても豪華な大会になりました。
来シーズンに向けて、オフシーズンも日々練習・トレーニングを重ねて精進してまいります。
今後とも応援よろしくお願いいたします。

2016年10月23日/カヌー(スラローム)・八木愛莉

Image 1

 

【サーフィン】JPSAプロ8戦で優勝!黒川日菜子

黒川

■大会名=JPSA 第8戦/ブルーエコシステムプロ
■主催=JPSA(一般社団法人 日本プロサーフィン連盟)
■日時=2016年10月13日~16日
■場所=千葉県長生郡一宮町釣ヶ崎海岸(志田下)
■結果=女子ショートボード・優勝
■関連サイト=http://www.jpsa.com/schedule/report2016_1_8.html

 

【本人コメント】

みなさんのおかげでJPSAの試合で優勝できました!

わたし的には初めてのJPSAの試合でした。

オーストラリアに行ってから思うように日本で勝てず、

思い悩んだ時もありましたが

この試合で勝ててすごく嬉しいです!

 

自分の壁を少し乗り越えれた気がします!!

たくさんの応援、ありがとうございましたm(__)m

 

2016年10月16日/サーフィン・黒川 日菜子

 

 

Image 1

 

【武術太極拳】全日本選手権、2部門で1位!山口啓子

山口

■大会名=第33回全日本武術太極拳選手権大会

■主催=日本武術太極拳連盟主催

■日時=2016年7月8~10日

■場所=東京体育館

■結果=自選難度競技部門:槍術1位、剣術1位、長拳2位

■関連サイト=http://www.jwtf.or.jp/home/index.html

【本人コメント】

1位の2種目はしっかりできましたが、最終日の長拳はミスしました。

最後の種目は悔んでいます。

同じ過ちを繰り返さぬように、

そしてもっと実力をつけてチャンスをつかみます。

成長あるのみ!

何より、去年から今年までの1年間、

色々な事がありましたが、沢山の人に支えられて、

お陰様でまたコートに胸を張って立てました。

大会には沢山応援に来て下さり、

本当に沢山の応援が自分のチカラになりました。

この感謝の気持ちを忘れずに、次に向かって精進します。

本当に有難う御座いました。

次はアジアで金を目指してがんばります!

PS・「第33回全日本武術太極拳選手権大会」

3日目最終日の模様が、

7月17日(日)15:00~15:50、NHK BS1で全国放映されます。

皆様、観て下さい!

2016年7月10日/武術太極拳・山口啓子

  

Image 1

 

 

【アームレスリング】関西オープン55kg級で優勝!竹中絢音

図7

■大会名=JAWA関西オープンアームレスリング選手権大会

■主催=明石市・明石市体育協会、 主管:明石市アームレスリング連盟

■日時=2016年5月22日

■場所=明石市立産業交流センター

■結果=①-55kg級レフトハンドライトハンド優勝

②無差別級レフトハンドライトハンド準優勝

■関連サイト=http://jawa-armwrestling.org/taikai/kekka/2016/result-22thkansaiopen.pdf

 

 

【本人コメント】

半年ぶりの大会で、

-55kg級と無差別級のダブルエントリーということもあり不安も大きかったですが、

自分の全力を出してそのときのベストの試合ができたと思います。

無差別級では準優勝という悔しい結果となってしまいましたが、

次に繋がる意味のあるいい試合ができたのではないかと思います。

これからも応援よろしくお願いします。

 

2016年5月22日/アームレスリング・竹中 絢音

 

 

Image 1

 

 

【ラフティング】全日本選手権優勝で日本代表へ!THE RIVER FACE

TRF1

■大会名=第3回全日本レースラフティング選手権大会
■主催=一般社団法人日本レースラフティング協会
■日時=2016年4月23・24日
■場所=東京都青梅市/多摩川
■結果=オープン女子部門・優勝
■関連サイト=http://www.racerafting.org/news/2016/04/3-1.html

 

【本人コメント】

私たちTHE RVER FACEは今大会の成績(全日本選手権・オープン優勝)をもって、

今年の日本代表女子チームとして認定されました。

 

ボートに乗る選手は4人ですが、

チームとしては2月に新メンバーが2名加わり、8名体勢になりました。
若い選手の育成を通じての学びや、チーム内での競争によって互いに高め合うことで、

チーム全体としても成長し、2016年10・11月のUAEで開催される世界選手権で優勝、
そして、2017年の日本大会での成功に繋げていけるよう、
(世界選手権が私達のホームで2017年に開催されます!)

8人一丸となって頑張りたいと思います。

今後とも、応援よろしくお願いいたします。

 

2016年4月24日/ラフティング・THE RIVER FACE(水澤知香)

 

 

Image 1

 

 

【シンクロナイズド・スケーティング】全カナダ選手権で総合1位!内田靖子

図1

■大会名=The 2016 Skate Canada synchronized skating championships
■主催者=Skate Canada 主催
■日時=2016年2月19~21日
■場所=カナダ・オンタリオ州ウォータールー
■結果=シニアの部:ショートプログラム 1位・フリープログラム 1位→総合 1位
■関連サイト=(チーム名:Les Supremes)https://skatecanada.ca/event/2016synchro/

 

【本人コメント】

私の所属するチーム「Les Supremes」が、

全カナダ選手権でショートプログラム、フリープログラム共に1位で、

総合優勝する事ができました!

 

2位のチーム「NEXXICE」は2007年の全カナダ選手権から9連覇を果たし、

昨年の世界選手権では優勝を果たしたチームでしたが、

今年Les Supremesが2005年以来の3度目の優勝を果たす事ができました。

 

ショートプログラムでは最後のポーズで笑みがこぼれてしまう程のベストな演技ができました。

また、フリープログラムでもチームメイトの合図が聞こえないほどの歓声の中、

今のベストを出せたと思います。

ショート、フリー共にベストスコアを出せ2位と5点差をつけての優勝で、

これ以上ない結果だったと思います。

 

この結果は今まで支えてくださったファンの皆様、サポーターの皆様、

そしてコーチ、チームメイト、マネージャー全ての方々のお陰です。

本当にありがとうございました。

 

世界上位5ヶ国に入るカナダは4月の世界選手権へ2チーム派遣されます。

その世界選手権へは、

私達Les Supremesがチームカナダ1として出場しますので、

これからも応援よろしくお願い致します。

 

2016年2月21日/シンクロナイズド・スケーティング・内田 靖子
 

Image 1

 

【スノーボード】宮様杯とJapan Cupで国内2連勝!今井胡桃

今井

■大会名=第2回宮様ジュニア・スノーボード競技会
■主催者=札幌市、公益財団法人札幌スキー連盟、公益財団法人北海道スキー連盟
■日時=平成28年1月30日(土)
■場所=ばんけいの森 さっぽろばんけいスキー場内
ハーフパイプコース  札幌市中央区盤渓410番地
■結果=ハーフパイプ優勝
■関連サイト=結果:http://www.ski-hokkaido.jp/skill/skilldown/2016sb-miyajr-j1l.pdf
要項:http://www.ski-hokkaido.jp/skill/skilldown/2016SB-miyajr-hp-yoko1.pdf

 

======================================================

■大会名=FIS スノーボード JAPAN CUP 2016札幌ばんけい大会
(公認:国際スキー連盟(FIS)・公益財団法人 全日本スキー連盟(SAJ))
■主催者=FISスノーボードジャパンカップ2016実行委員会
■日時=平成28年1月31日(日)
■場所=ばんけいの森 さっぽろばんけいスキー場内
ハーフパイプコース  札幌市中央区盤渓410番地
■結果=ハーフパイプ優勝
■関連サイト=結果:http://www.ski-hokkaido.jp/skill/skilldown/JPN7664.pdf
要項:http://www.ski-hokkaido.jp/skill/skilldown/2016SB-japancup_hp-yoko1.pdf
記事:http://www.heavysnowker.com/archives/51989111.html
 

 

Image 1

 

【ウインドサーフィン】JapanツアーTOYOTAカップで2位!鈴木文子

図1

■大会名=JWAジャパンツアー2015-2016・第4戦TOYOTA JAPAN CUP
■主催者=JWA、TOYOTA JAPAN CUP実行委員会
■日時=2016年1月15~17日
■場所=沖縄県八重山郡竹富町小浜島リゾナーレ小浜島海域
■結果=2位
■関連サイト=http://www.jw-a.org

 

【本人コメント】

この大会は昨年に続き2年目の開催となりました。
賞金総額も昨年よりも大幅アップし、
これだけ大きなスポンサーがついた国内大会は、私がプロになってから初めての事。
プロ・ウィメンズクラスもここ数年では過去最高のエントリー数があり、
昨年は1ポイント差で優勝を逃したので、
今年はリベンジをかけた私にとって、非常に大事な試合でした。

コンディションも新しい道具のチューニングも最高でしたが、
大会2日目の2レースを終えた時点で第1レース1位、第2レース2位と暫定トップとなりましたが、
最終日の第3レースでスタートでミスをしてしまい、3位に順位を落とし、
トップ選手と同率ポイントで結果2位となってしまいました。
今回は優勝を有言実行で!!と言いきっていたので、有言実行出来なくて残念です。

次回は2015-2016ツアーの最終戦が3月に大分県で行われます。
新しい道具も今までにない最高の仕上がりになっているので、
最終戦は優勝目指して、最後は表彰台の真ん中に立ちたいと思います。
現在は全日本ランキング2位となっていますが、
最後まで諦めずに頑張りたいと思いますので、これからも応援宜しくお願いします。
たくさんの応援ありがとうございました。
2016年1月17日/ウィンドサーフィン・鈴木文子

 

Image 1

 

ウインドサーフィン・鈴木文子