athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
福田海斗 選手
生年月日 : 1998年05月18日
身長・体重 : 170cm/56kg
出身 : 愛知県名古屋市
競技 : ムエタイ
所属 : 名古屋ムエタイジム「キング・ムエ」
プロフィール | 戦績

ファン数:97


福田海斗のムエタイ天下取り!


活動情報

ニュース福田海斗、ラジャダムナンスタジアム平日興行セミファイナルに出場!勝てばランキング再浮上か。7/18(水)ラジャダムナンスタジアム「スック ワンギントーン」 2018-07-10 18:22



タイを主戦場とし、メジャーシーンで活躍を続ける福田海斗(キング・ムエ)が 7 月 18 日(水)のラジャダムナンスタジアム「スック ワンギントーン」セミファイナルに登場、ランカークラスの実力を持つジョムトーン・サックヴィチャン(タイ)と対戦する。

福田は今月 18 日(月)のラジャダムナンスタジアム「スック ワンギントーン」第 4 試合に出場し若手のノーンビー・ピウワヨー(タイ)と対戦、パンチとヒザで 4RKO に下した。若手期待選手であるノーンビーから KO 勝利を得たことで福田の評価はさらに高まり、今回のセミファイナル抜擢となった。激しい生存競争が繰り広げられる本場タイのムエタイにおいて、特殊な事情で平日興行のメインやセミファイナルで試合する外国人選手はいるものの、実力でこの試合順まで登りつめた外国人選手はごくわずかで日本人では福田海斗だけであろう。


80857DBD-807C-4112-B4EC-DEC315FA5174



しかしながら、当然この試合順はハイレベルな内容が求められる。今回の対戦相手はジョムトーン・サックヴィチャン。ランカークラスとも拳を交えておりビックマッチにも度々出場している強豪選手。ランキング入りを狙うジョムトーンにとっては福田には勝ちたいところだろう。
ジョムトーンは「カイトは有名な選手だから、試合が出来て嬉しいよ。カイトに勝てば自分もトップの仲間入りだと思うので必ず勝ってみせる。」と意気込む。


CC1D7F6C-E801-48B1-B57A-B7EA466F6C2E



対する福田は、「前回のノーンビー戦(6 月 18 日(月)「スック ワンギントーン」第 4 試合、KO 勝ち)」でうまくパンチが打てたので自信に繋がった。今回のジョムトーンも背が高いヒザの選手なので、パンチやローキックを効かせたい。」と自信をのぞかせた。

2018 年 5 月度のランキングには外れてしまったものの、前回の KO 勝利で 6 月度にはランキング返り咲きが濃厚の福田。今回も勝利すればさらに上位ランキングに入る可能性もある。今や本場タイで挑戦を続けるパイオニアとなった福田、外国人選手が試合をすることすら難しいメジャースタジアムの軽量級でどこまで辿り着けるか、福田の注目が集まっている。


※7 月 18 日(水)ラジャダムナンスタジアム「スック ワンギントーン」
第 6 試合セミファイナル 116 ポンド契約
カイト・ウォーワンチャイ(福田海斗/キング・ムエ/元タイ国プロムエタイ協会フライ級王者)
vs
ジョムトーン・サックヴィチャン(タイ)



・‥…━━━☆・‥…━━━☆




このブログ内で連載している「ムエタイで勝つ為の100の法則」を読んでいただいている方なら多少はお分かりになると思いますが、メジャーであるラジャダムナンスタジアムの平日興行でセミファイナルという試合順に登場するということは本当に凄いことなんです。

しかも、

海斗がタイで歩んで来た道のりは、決してお金や見えない力で開かれていたものではなく、彼自身が実力で切り開いてきたもの。


だから海斗はタイ人からも尊敬され、タイの現役選手からも”外国人キックボクサー“ではなく、”ナック・ムエ“として受け入れられている。


本当に一度スタジアムで海斗の勇姿を見て欲しいと思いますが、

海斗は立派にムエタイの賭けの対象となり、ラジャダムナンスタジアムの、ムエタイの屋台骨を背負っている。


セミファイナルでもしっかりとその役割を果たしてくれるでしょう。



どうか皆さんの応援をよろしくお願いします。


チャレンジ・メッセージ
本場タイのメジャースタジアムチャンピオンになる!
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 1050以上の支援で

    お名前紹介

  • 3150以上の支援で

    写真付きお礼メール送付

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.