athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ

プロフィール

名前 石澤 浩紀 (こくざわ ひろき)
所属チーム 埼玉トヨペットGreenBrave
生年月日 1990-11-22生まれ
出身 栃木県佐野市
身長・体重・血液型 167.0㎝   /   57kg   /   A型
活動拠点 埼玉県坂戸市

自己紹介

皆さんこんにちは!レーシングドライバーの石澤(こくざわ)浩紀です!ぜひ名字だけでも覚えてくださいね!

今や日本を含め、世界中で活躍するレーシングドライバーの多くが、幼いころ(本当に早い方は2、3才)からゴーカートでモータースポーツを始め、自動車免許が取得できるころには既にレース歴10年越えなどというドライバーがたくさんいます。
そんな中、僕が本格的にモータースポーツに参加し始めたのが2011年のJAFスーパーFJ 筑波選手権シリーズ。
現代ではとても珍しい、いきなりフォーミュラカー(F1に代表されるタイヤむき出しの車)レースからのレースデビューとなりました。
ですから、純粋にレース歴を考えると、実質まだわずかに3年程なのです。


しかし、デビュー翌年の2012年、前年は3戦のみ参加したレースを、12年はフルシーズン戦い、早くもフォーミュラカーレースで表彰台に上がることができました!

2013年もレース参戦に向けて準備活動を続けましたが、残念ながら参戦は叶わず、結局一度もサーキットで走ることなく終わりました。
そんな中迎えた2014年、様々な考えを巡らせた結果、三重県は鈴鹿サーキットで開かれている、鈴鹿サーキットレーシングスクール フォーミュラ(SRS-F)への挑戦を決意しました。 数回にわたる走行審査を通過し、この年の数十名の受講希望者の中から本入校となる8人に選出され、自動車メーカーのスカラシップをかけた戦いに挑みました。
しかし、残念ながら努力が実ることはありませんでした。結果的には残念でしたが、僕よりも遥かに経験豊富な選手達と競い合うことで、経験の浅い自分への自信と、スキルアップに繋げることができました。


そして、今見据えているのは、世界トップカテゴリーのひとつ、FIA世界耐久選手権(WEC)への参戦です!
今の時代、確かにモータースポーツは時代に反しているかもしれません。しかし今やレーシングカーにもハイブリッドカーが登場し、完全に電気のみで走る車も現れ始めました。この次世代の環境を考えた、世界最先端の技術の技術革新が行われているフィールドこそ、WECだと考えます。
僕もそのフィールドで戦い、そしてそこで得た技術・知識を、これからの車社やモータースポーツの発展、次世代を担っていく子供たちにフィードバックしていきたいと思っています!

この目標、夢を実現させるためには、更なるステップアップが必要になります!
そして、そのためには僕ひとりの力では到底力不足です。
是非、皆様の石澤浩紀への応援をよろしくお願い致します!

チャレンジ・メッセージ
世界トップカテゴリーのひとつ、WEC(世界耐久選手権)への参戦を目指します!
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 3150以上の支援で

    メルマガ配信

  • 6300以上の支援で

    上記メリット1+石澤浩紀公式ホームページに御名前掲載

  • 10500以上の支援で

    上記メリット1~2+本人よりお礼の電話+オリジナルグッズ1つ進呈

  • 52500以上の支援で

    上記メリット1~3+オリジナルグッズ2つ進呈

  • 105000以上の支援で

    上記メリット1~3+オリジナルグッズ3つ進呈

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   一般社団法人 疲労回復協会   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.