athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
生年月日 : 1995年09月14日
身長・体重 : 169cm/53kg
出身 : 宮城県
競技 : 自動車レース
所属 : NETZ TOYAMA Racing     TEAM KRS-DAI
プロフィール | 戦績

ファン数:15


小原侑己のブログ


活動情報

ニュース86/BRZ Race 第2戦 SUGO報告 2014-04-29 11:41

予選 1組 8位

予選ではピットから出るときゆっくり走行し、間合いを開けてスタートしたところ、上手く単独走行をすることができました。タイヤに関しては、選択したタイヤで正解でした。路面に食われすぎず、とても操作しやすく、スムーズに走れました。しかし1ラップ目で、あとからピットアウトしてきた車に引っかかり、タイムを出すことができませんでした。その後、クーリングラップを入れてもう一度アタックしました。しかし、ヘアピンコーナーで後輪が空転しタイムロスしてしまいました。タイムは悪くはありませんでしたが、コンマ1秒の中に何台もいる状態でしたので、あとコンマ1秒上げていたら、もっと良いポジションだったと考えると、ミスしたことがとても悔やまれました。このレースでは、このコンマ1秒が大変重要なのだと痛感させられました。

 

決勝 15番スタート 27位

スタートでは後輪を空転してしまってうまくいかず、順位を2つ下げてしまいました。しかしヘアピンコーナーで2台を追い抜き、元の順位に戻ることができました。決勝でもタイヤと路面のマッチングがよく、他車より最終コーナーが速かったので立ち上がりが他車より速く、1コーナーでどんどん前車を追い抜くことができました。また、タイヤのたれも少なく、タイムの落ち込みも少ないので、ほんとに集中して走ることが出来ました。しかし、バックストレートで他車が横転しセーフティーカーが入りました。SCが入ったことで、追い抜くことが出来なくなってしまい非常に焦りました。5周ほどして車両が元に戻された後、再スタートすることになりましたが残り周回は3周。最終コーナーで上手く前車に接近することができました。しかし、勢い余ってコントロールラインを通り過ぎる前に追い抜いてしまいました。その後、2台を追い抜いぬき、9位でフィニッシュしたものの、“SC後の再スタートの追抜”でペナルティーとなってしまい25秒加算で27位となりました。追い抜くことに集中するあまり、完全にルールが頭から消え去っていました。こんな単純なミスで思わぬ結果となってしまい、とても悔やまれます。

 

 

自分の単純なミスで、チームの皆様、スポンサーの皆様には大変落胆させてしまいました。次戦は富士スピードウェイです。今回の失敗を結果で挽回したいと思いますので、スポンサーの皆様、応援していただきました皆様、次戦も応援よろしくお願いいたします。

差し入れをしてくださった皆様、ありがとうございました。うれしかったです。

最後に、お忙しい中お越しいただいた木の屋水産の社長様、本当にありがとうございました。

 


チャレンジ・メッセージ
F1ドライバーになる!
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 5250以上の支援で

    感謝メッセージの送付

  • 52500以上の支援で

    写真付き感謝メッセージの送付

  • 105000以上の支援で

    直接電話での御礼

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社ケイズグループ   株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.