athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
生年月日 : 1981年10月17日
身長・体重 : 167cm/58kg
出身 : 東京都昭島市
競技 : ハンググライダー
所属 : ウインドスポーツ、かもたま
プロフィール | 戦績

ファン数:106


ハンググライダーの魅力を伝えたい


活動情報

ニュース世界選手権終盤 2015-03-12 16:47

世界選手権9日目。


昨日はスタートラインギリギリで雲底よりも高い位置でスタート。
クラウドストリートのリフト帯でだいたい20kmの距離を高度500mくらいしか使わずにグライドし最高の出だし。


1個目のサーマルも+2.5m/sくらいでよい感じに進んでると思っていたら、違う場所で+4m/sで上がっていたらしく上からバンバン越えられていく。


このエリアには飛び方の正解がない。

先行していても第2、第3集団に追いつかれることは良くあるし、逆に少しばかり遅れても良いサーマルがあれば先頭集団に追いつけることもある。
こんな中でも常に上位を取れる選手が優勝できる。
やはり海外での経験が足りないなぁ。


ちなみにその後は、第3ターンポイントを取った後西側コースで北の第4ターンポイントを取りに行くがシンク帯に掴まり一気に対地200mくらいになる。
何人も降りている場所の上空で上がらないサーマルになんとかしがみつく。
北側のエリアがかなり渋そうになってきたので可能な限り高度を上げると雲底近くまであがった。
サバイバルモードに切り替えて、慎重に第4ターンポイントを取るもその後のサーマルが見つからずランディング。


ほとんどの選手が最終パイロンを取れずに降りたらしいが、それでも14人もゴールがいたらしい。
本当に難しいエリアだなぁ。




世界選手権10日目の今日。

もっとも遠い南東にあるターンポイントに行って帰ってくるサバイバルレースが予想されるタスクが発表される。
「このロングタスクをゴールしてやる!」と気合を入れて準備していると、パイロットブリーフィングで選手が召集される。

エリアの北側で雨が降っているとのことで競技キャンセル。。。



あと1日。
明日こそは!!


チャレンジ・メッセージ
世界選手権でメダル獲得!そして、ハンググライダーをメジャースポーツに!
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 1050以上の支援で

    お名前記載

  • 2100以上の支援で

    空からの景色写真をプレゼント

  • 5250以上の支援で

    空のフォトアルバムをプレゼント

  • 52500以上の支援で

    ハンググライダー浮遊体験

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社ケイズグループ   株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.