athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
生年月日 : 1981年10月17日
身長・体重 : 167cm/58kg
出身 : 東京都昭島市
競技 : ハンググライダー
所属 : ウインドスポーツ、かもたま
プロフィール | 戦績

ファン数:104


ハンググライダーの魅力を伝えたい


活動情報

ニュースI came back in the sky ~大会復帰~ 2017-10-13 19:41

先週、国内シリーズ戦・EJCに参戦。
ケガから1大会休場しただけで済んだ。


大会前日に小さめのグライダー・LITESPORTS 3で復帰フライト。

大会初日は選手全員がミニマム距離6km以上飛べずで不成立。
僕はOさんにお借りしたLITESPEED RX3でフライト。難なく飛べた。


大会2日目は雨でキャンセル。


大会3日目。
ようやく晴れだ!と意気込むもコンディションが激渋予報。
それでも40㎞くらいのタスクが組まれる。
雲底高度も800mくらいしかなさそうだが、競技開始。
テイクオフ近辺で上げた後、西に20㎞、北に10㎞、西に10㎞のコース。
少し南側で雲底まで上げてスタート。
豊富な雲を上手く使いながら順調に進むも、第一ターンポイントを取った後サーマルに乗り切れず、第二ターンポイント取ってすぐに降りてしまった。
ゴールまで5㎞。

この日は7人がゴールし、自分は12位。
無事に大会復帰できたとはいえ、ゴールができないのはとても悔しい。



大会4日目。
この日はさらに渋い予報が出され、テイクオフ前を2往復して北に30㎞行くタスクが組まれる。
空中に出てみると予報よりもコンディションが良い。
スタートラインのすぐ近くにサーマルがあり、サーマルトップで待機しているとスタート10分前からどんどんサーマルが弱くなってくる。
1000mあった高度もスタートするころには700mに下がってしまい、微妙なスタートに。
リフトラインを読みながら、あまり回さないように2往復部分をこなし、北へ向かう。
ゴールまで15㎞、先頭集団の200m下でようやく追い付くも、下はサーマルが終わりかけていて、再び置いていかれる。
低くなりすぎないギリギリの高度で進み、ようやく見つけたサーマルでなんとか高度を上げファイナルグライド。
ゴール地点の高度情報が設定値よりも高かったのでギリギリの高度でゴール。

この日は23人がゴールし、結果的には好コンディションな最終日となった。
僕は5位で815点。


全く問題なく飛べたので「無事に復帰しました!」と言いたいところだが、普通に飛べただけに総合9位と微妙な結果に「なんとも言えない悔しさ」が残った大会となった。


大会を運営してくださったみなさん、選手のみなさん、ありがとうございました。

グライダーを貸してくださったOさん、ありがとうございます。

いろいろとご心配してくださったみなさん、そして変わらず応援してくださっているスポンサー様、ほぼほぼ完全復帰しました。

引き続き、競技と普及活動に全力を注いでいきます。

今後とも応援ヨロシクお願いします。


チャレンジ・メッセージ
世界選手権でメダル獲得!そして、ハンググライダーをメジャースポーツに!
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 1050以上の支援で

    お名前記載

  • 2100以上の支援で

    空からの景色写真をプレゼント

  • 5250以上の支援で

    空のフォトアルバムをプレゼント

  • 52500以上の支援で

    ハンググライダー浮遊体験

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   一般社団法人 疲労回復協会   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.