athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
  • HOME
  • アスリートエールとは
  • 応援する
  • アスリート一覧
  • アスリートカレンダー
  • 登録アスリート募集
  • 法人会員
  • 推薦メッセージ

サーフィン世界最高峰の舞台に、東北復興メッセージ「Re:Sendai」を伴って挑戦!

ホーム 活動情報 協賛者 コメント

プロジェクト結果報告

御報告が遅くなりましたが、
2015年8月に皆様から投資して頂いた競技資金を元に、
2016年2月、オーストラリアにてQS(Qualifying Series)に参戦してきました。
協賛金を頂けた方々に感謝します、有難うございました!
御協賛メリットとして、
皆様の御名前をシールにしてボードに掲載する予定でしたが、
どうしても制作が間に合わない状況となってしまい、
大変申し訳ないのですが、写真のように「手書き」させて頂きました!

尚、5万円以上を投資して頂いた方への「現地・お土産」は、
個別に連絡をさせて頂きます。
もう少々御待ち下さい(アスリートエールのメッセージから御連絡します)。



/////////////////////////////
http://www.worldsurfleague.com/athletes/2391/minato-takahashi?isearch=true&scategory=athlete
まだ2016年のリザルトが反映されていませんが(2月15日時点)、
初めてのQS参戦を終えました、
結果はRound of 32 初戦敗退でした・・・
皆様に、結果で恩返しできず申し訳なく思います。

試合前にチェックした波予想と、どこで波を待つかのポジショニング、
それがうまくいかず、狙っていた波に乗ることができませんでした。
外国人選手相手に、技のクオリティや体格差で負けたのではないので、
自分の実力を出し切れず、余計に悔しいです。
しかし、参戦した事で、大きく習得できた事があります。

例えば私の中で、QSとは格式高い大きい舞台で、
外国人選手や会場の雰囲気に圧倒され、
メンタル面でとにかく構えていかなければならない舞台だと思っていました。
ですが、全然違っていて、

(大会レベルにもよります。今回出場したのは一番ランクの低い試合でした。)
地元のサーファーが協力的で、
なんだかアットホームな地元のローカルコンテストみたいな雰囲気。
あんなに構えていった私はなんだったんだ?と思うほどです。
今後は、日々のトレーニングの延長上のメンタルで戦えるはずです。
そして、4人形式で行う試合に、優先権が付く事の把握。
これは今後の戦略立てに大きく影響します。
日本ではまだ導入されていないシステムで、
4選手が交代で波に乗る優先権をもらえるルールで、
心理戦・頭脳戦と言う側面があり、
これは日本にいたら絶対に経験できない事でしたので、
今回経験できた事で、今後の成長に繋げられる自信になりました。

このQSに出場しなければ分からなかった事をやっと経験できました。
海外の試合に参戦している日本人選手がなぜ成長し、なぜ日本で勝てるのか?それが分かりました!
短期プロジェクトでの、皆様のサポートがなければ
絶対にできない経験・挑戦でしたので、心から感謝します!
今回大会で諦めることなく、
また次のQS参戦も計画します!
対応が読めましたので、次こそ上位を目指したい!
今後共、応援と御支援を宜しくお願い致します。



プロジェクトについて




仙台出身プロサーファー“高橋みなと”が、
サーフィンの世界最高峰の大会である「WSL(WorldSurfLeague)」の
QS部門(QualifyingSeries)に挑戦するに当たり、
海外遠征費の小口ミニスポンサーを募集致します。

高橋みなと(21歳)は、ジュニア時代(17~20歳)に日本代表選手として
「ASP・World Junior Championship」に参戦する等、期待値の高い若手サーファーとして
幅広い注目を受けていました。
20歳を超えて、今後はシニア選手として世界の強豪と戦います。

・WSL公式サイト= http://www.worldsurfleague.com/


※コンセプト(高橋みなとの想い)=東北復興メッセージ『Re:Sendai』

高橋みなとは仙台市出身であり、活動拠点を仙台市とする事に拘ってきました。
2011年、東日本大震災(18歳時)を受け、競技活動を一時中断し、地域活動を行うと同時に、
自分にできる事は何か?と常に自問自答するようになり、その答えが
「同じ海を愛する世界中のサーファー達に、自分が見た事、考えた事を伝えなくてはならない」と
気付き、仙台出身サーファーの使命として位置付けました。

世界最高峰の舞台「WorldSurfLeague」への挑戦心が復活しましたが、
以前のように単に競技(戦績)追求を行うのでは無く、
震災を受けて学んだ想いを伝達する事も追求し、
2つを融合して追求する事を「Re:Sendai」と名付けて活動する事を決心しました。

海の脅威、海の大切さ、東北の現状、人間のあり方、人の絆・・・仙台在住だからこそ知れた、
地球・海・人の重要性を、海を愛する世界中の仲間達に伝えていきます!

勝てば勝つ程に発言機会が増す為、「勝つ事=伝える事」と捉えて、サーフィン人生に臨みます。
このような中で、海外遠征費を大幅に不足しており、
趣旨に賛同して頂ける方々に御協賛を御願い致します。


スケジュール



2015年度WSL(WorldSurfLeague)は1月よりスタートしており、
後半戦となる第7戦以降のQS部門(QualifyingSeries)への参戦を望んでいます。
既に終了した第6戦までのQS部門に日本人女性選手が7名参戦しており、
実力がありながらも資金難で参戦できなかった悔しさが残ります。
どうぞ、戦績が期待される高橋みなとを皆様の御支援でQSに導いて下さい!

※2015年度QS(Qualifying Series)
 ・第07戦=06月15~21日/メキシコ(6000atar)
 ・第08戦=07月24~26日/カリフォルニア(6000atar)
 ・第09戦=07月27日~08月02日/カリフォルニア(10000star)
 ・第10戦=08月19~23日/ペルー(3000atar)
 ・第11戦=08月25~30日/フランス(1500star)
 ・第12戦=09月01~06日/スペイン(6000atar)
 ・第13戦=09月23~27日/スペイン(6000atar)
 ・第14戦=10月26~31日/ブラジル(3000atar)
 ・第15戦=11月04~08日/チリ(3000star)


このプロジェクトに支援する



協賛メリット



5,000円以上の支援で
「Re:Sendai/ファン・マッピングボード」
東北地図をボードに配置して、海部分に青色で協賛者の御名前を記載します。
(御一人の御名前幅≒5cm程)
大会用ボードの為、皆様の応援心(御名前)を背負って戦わせて頂きます!
私と共に戦って下さい!そして、「Re:Sendai」を伝える場に一緒にいて下さい!

20,000円以上の支援で
御一人の御名前幅≒10cm程に拡大

50,000円以上の支援で
更に・・・高橋みなとセレクト海外戦地の御土産

200,000円以上の支援で
W20cm*H20cm程の企業ロゴ(個人の方は個人名)を1年間貼示します。

※皆様の御名前を記載した「Re:Sendai/ファン・マッピングボード」は、
 本人ブログ・facebook・アスリートエールにて露出します。
※協賛金使途=全額、遠征費として使用させて頂きます。


このプロジェクトに支援する



無料でできるファン登録もお願いします!
ファン登録して頂くと、高橋みなとから配信されるメルマガやその他情報を
受け取ることができます。
ファンの数が力になります!是非、ファン登録して応援してください。
ファン登録はこちらから

ファン登録する



高橋みなと プロフィール



・1993年08月09日、宮城県仙台市出身
・身長=158cm、体重=52kg
・所属=JAPSS
・拠点=宮城県仙台市

父の影響で小学3年からサーフィンを始め、いつしか世界で活躍するプロサーファーを目標とする。
ジュニア時代は、朝・夕、休みなく仙台新港でトレーニングを行い、国内TOPクラスを維持。
2011年18歳時に東日本大震災を受け、東北沿岸部の被災でサーフィンができなくなる。
以降は週2日の車中泊で東北以外の地でのトレーニングが可能となったが、
何か心に引っ掛かりがある事を自任する。
その後プロ資格を得て、国内戦を順調にこなし、世界戦にも出場できたのは、
父親からの資金サポートによるものだったが、20歳以降は自立して、アルバイト収入と僅かな
協賛金のみで世界を目指す事となる。
資金不足で国内遠征もギリギリ状態ではあるが、サーフィン人生のもう1つの目的が明確となり、
東北への寄与=「Re:Sendai」という考えの元、何としても世界の舞台で活躍する事を模索中。

【戦績】海外世界戦のみ抜粋
・2009年 ISA/World Junior(ECUADOR)=ガールズ31位
      ISA/World Surfing Games(COSTARICA)=ガールズ29位
・2010年 ASP/World Junior Championship(Bali)=ガールズ17位
・2011年 ASP/World Junior Championship(AUSTRALIA)=9位
      ISA/World Junior(PERU)=46位
・2012年 ASP/World Junior Championship(BALI)=9位
・2013年 ASP/World Junior Championship(Brazil)=17位





このプロジェクトに支援する





現在の支援総額

¥294,901

目標金額は¥1,000,000に設定されています。
このプロジェクトは2015/08/15までとなります。

協賛数

28人

残り

終了

このプロジェクトは終了しました。
通常の応援は下記よりお願いします。
高橋 みなとを支援する

¥5,000円支援すると

「Re:Sendai/ファン・マッピングボード」
東北地図をボードに配置して、海部分に青色で協賛者の御名前を記載します。
(御一人の御名前幅≒5cm程)
大会用ボードの為、皆様の応援心(御名前)を背負って戦わせて頂きます!
私と共に戦って下さい!そして、「Re:Sendai」を伝える場に一緒にいて下さい!

¥20,000円支援すると

御一人の御名前幅≒10cm程に拡大

¥50,000円支援すると

更に・・・高橋みなとセレクト海外戦地の御土産

¥200,000円支援すると

W20cm*H20cm程の企業ロゴ(個人の方は個人名)を1年間貼示します。



ファン登録する

ファン登録は簡単・無料でできます。
ファン登録して頂くと、選手からのメルマガやその他
配信される情報を受け取ることができます。
ファンの数(=応援)が選手の力になります。
是非、無料のファン登録もお願いします。
※協賛金による支援を頂いた方は、
 そのままファン登録されます。



ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社マルタカ・パルス   株式会社アーバンハンズ   一般社団法人 疲労回復協会   株式会社フィートインデザイン

アイリスター麻布クリニック   有限会社MAKIスポーツ   株式会社ピィアイシィ・バイオ   株式会社アビリス

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.