athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
生年月日 : 1992年10月07日
身長・体重 : 175cm/65kg
出身 : 東京都日野市
競技 : 自動車レース
所属 : ZAPSPEED
プロフィール | 戦績

ファン数:10


武平良介のレーシングブログ


活動情報

ニュース遅くなりました! 2011-10-15 23:41


10月2日の詳細を書きます。

予選・・・今回の予選は、前回の反省を活かして他車のスリップを使いタイムをより伸ばす作戦で挑んだ。

アタック開始後の自分の周りには、前日練習からエンジンが速くストレートの速いマシンがいた。その状況の中でタイムアタックをし、上手くストレートでスリップを使い終盤までトップ争いをしていたが、最後の最後で他車がタイムを大きく更新し3位という結果に終わった。

決勝…スタートは上位4台の順位の変動はないまま13コーナーへ。
13コーナーでトップが入れ替わり、次のコーナーで私が1位スタートのマシンをオーバーテイクし2位に浮上。そのままコントロールラインを迎えるが1コーナーまでに2台に抜かれ4番手に。
レース中盤にさしかかろうというところで、私は1コーナーで1台、13コーナーでインから1台を抜き、1周で2台を抜き2位に浮上。インセクターの速い私が1コーナーを2位のまま通過できれば、1位追い抜けたかもしれなかったが、1コーナーまでに再び2台に抜かれてしまい4番手に。その後は1位のマシンは、ほぼ独走状態になり2番手争いは毎周順位が変わる激しいバトル。
そして最終ラップ。私は4番手でコントロールラインを通過。ヘアピンでインから抜き3番手に浮上。その次の12コーナーで並ばれるも相手にインを取らせてクロス13コーナーをインから勝負し3番手に浮上。そのままチェッカーで激しい表彰台争いを征した。


今回のレースでは結果こそ残せなかったものの、私のインセクターでの走りを見てメインシリーズのもてぎに向けてエンジンの改良が決まりました。
富士は自信があるサーキットだけに3位という結果はとても悔しく残念に思います。

最終ラップまで2番手争いを演じていて、4番手の私はヘアピンで3番手のマシンをパスしました。結果論にはなりますが、そこで3番手のマシンを抜かずにいれば2番手になるチャンスは巡ってきていたかもしれません。カートの頃からレース展開を読み、集団のトップでレースを終えるというレース運びは得意で今もそれは変わりませんが、今回のレース運びはあまり上手くいかなかったというところが正直なところです。

今後に向けてしっかりとバトルのイメージをつくり、勝利に向けて走り出していきます。

これからも応援よろしくお願いいたします。


チャレンジ・メッセージ
歴史上誰よりも尊敬されるF1ワールドチャンピオンになる!
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 8400以上の支援で

    公式ブログにてPR!

  • 10500以上の支援で

    公式ホームページにリンクバナーを記載!

  • 10500以上の支援で

    直筆サイン入りオリジナル写真進呈

  • 52500以上の支援で

    フォーミュラーカーに乗った状態での記念撮影

  • 105000以上の支援で

    レーシングスーツへのロゴ貼示

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   一般社団法人 疲労回復協会   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.