TOP Result News





ラフティング・THE RIVER FACEが世界選手権で総合優勝!

ラフティング THE RIVER FACE

THE RIVER FACE(ラフティング)

大会情報

・大会名=World Rafting Championship 2017 JAPAN(ラフティング世界選手権)
・主催=International Rafting Federation、徳島県三好市
・日時=2017年10月3~9日
・場所=吉野川(徳島県三好市、高知県大豊町)
・結果=オープン女子部門(スプリント2位、Head to Head 1位、スラローム2位、ダウンリバー1位)=総合優勝
・関連URL=
   IRF 公式 HP:http://www.internationalrafting.com

   大会公式 HP:http://wrc-2017japan.com/

選手コメント

ラフティング世界選手権、初の日本開催、
そして、私たちの活動拠点である吉野川での開催というこの記念すべき大会で、
チームとしては7年ぶり、6人制では初の「総合優勝」をすることができました!!!

大会招致、開催にあたっては、本当にたくさんの方が力を注いで下さり、
とてもすばらしい大会となりました。
又、この大会をきっかけに、沢山の方がラフティングに興味を持ち、吉野川を知り、観戦して下さいました。
沢山の方々の応援のパワーを間近に感じながら選手として競技し、
優勝という結果を得られたこと、本当に嬉しく感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
 
 
2017年10月9日/ラフティング女子・THE RIVER FACE(水澤知香)

Image 1

ビーチテニス・高橋友美が楽天オープン2大会で準優勝!

ビーチテニス 高橋友美

高橋友美(ビーチテニス)

大会情報

・大会名=楽天ジャパンオープン$2500、$10000
・主催=日本テニス協会
・日時=2017年10月3~5日、10月6~8日
・場所=有明コロシアム
・結果=準優勝、準優勝
・関連サイト=http://www.rakutenopen.com/ja-jp/beach/beach-tennis

選手コメント

9日間もぶっ通し試合のハードスケジュールでした。
今年もビーチテニスの全日本選手権、
楽天ジャパンオープン2大会がやっと終わりました。

テニスの楽天ジャパンオープンが開催される
有明コロシアムの入口の隣に、この3大会の為にビーチテニスコートが2面特設されます。
140tもの砂を運び込んで作ったこのコートで試合をするのは今年が最後となります。
来年は有明では開催されないようです。

この3大会全て優勝して「三冠」を目標としていましたが、達成はできませんでた。
全日本選手権優勝、
楽天$2500準優勝、
楽天$10000準優勝
の結果で終わったのでした。

楽天の2度の決勝でのパワーある外国人選手を破らなければならない
という壁を乗り越えることが出来ませんでした。

過去に何度かペアを組んで、世界を転戦したポーリンとレユニオンで何度も練習したジュリア。
彼女達の長所や弱点も分かっていながらも、
彼女達以上にいいパフォーマンスをする事が出来なかったのです。

国内では勝つ自信はあります。
しかし、世界のTopレベルで揉まれてきた選手にはそう簡単には勝てません。
勝ちたい。
でも、海外遠征はそう簡単には出来るものではありません。
どうすればいいの??これが来期の私の課題です。

次、世界にチャレンジできるチャンスやきっかけがあった時、
日本人として恥ないように、この悔しさを忘れずに今後も切磋琢磨していきます。

今大会、会場作りから運営までをして頂いたビーチテニス連盟の方をはじめ、
JTAの皆様、スポンサー各社様、応援に駆けつけて声をかけてくださったビーチの仲間や、
お友達、ずっと一緒に戦ってきてくれたペアのミサオ君(宮坂みさ選手)、
本当にありがとうございました。
今後も私達のプレーを観てもらい、そして沢山の方にビーチテニスを 知って頂き、
そして一緒にプレーできれば嬉しいです。

さすがに9日間連続試合で身体が悲鳴をあげているので、
少し休養したいと思います。
皆さん応援ありがとうございました。
 
 
2017年10月8日/ビーチテニス・高橋友美

Image 1

ビーチテニス・高橋友美が世界選手権で女子&Mix共にbest16!

ビーチテニス 高橋友美

高橋友美(ビーチテニス)

大会情報

・大会名=Beach Tennis World championships 2017
・主催=ITF(国際テニス連盟)
・日時=2017年7月31日~8月6日
・場所=イタリア・チェルビア
・結果=①女子ダブルス:best16、②男女ミックスダブル:best16
・関連サイト=http://itfbeach.tournamentsoftware.com/sport/draw.aspx?id=0A3F0DE0-1777-4360-B0A0-1A05AD959A52&draw=5

選手コメント

イタリア遠征から戻ってきました。
移動の日以外は毎日がビーチテニスにどっぷり浸かり真っ黒焦げです。
砂の質は、きめ細やかなパウダーのような肌触り。
真っ黒に日焼けした肌にこの砂がへばり付くと、
私の身体はまるで揚げたてのきな粉パン。
そんなことお構い無しに一心不乱にコート中を動きまわりました。
 
今回の遠征では、怪我もなく、他の事に気を取られる事もなく、
思いっきりプレーに集中できました。
あたたかく見送ってくれた家族や友達、応援してくれた皆さんに感謝します。
 
毎日のケアはドクターエアのストレッチロールで身体は柔らか‼︎
ドリームファクトリー様ありがとうございます。
 
また、松葉治療院の堀田先生、身体の使い方や細かいケアの仕方まで
親身になって教えてくださり本当に助かりました。
他の医者にはこの足では選手生命は無理だと言われたけれども、
太郎先生は大丈夫だよ、伊達公子だって現役続けているんだから、
まだまだイケるよって勇気と力を下さいました。
Tomのラケットで、ここぞという時にエースが決まりました‼︎
ありがとうございます、辻さん&Tom Caruso.。
 
世界選手権ワールドチャンピオンシップ2017の結果は、
①女子ダブルスベスト16
  1R 6-4.3-6 .7-5 Nadja Leuenberger / Sarah Leuenberger.
  2R 1-6.1-6 Fedrica bacchetta / Giulia Gasparri.
②男女ミックスダブルスベスト16でした。
  1R 6-1.6-4Aurelie Mouchet/Johani
  2R 6-7(6).6-4.10-8Zoe Schott /Rodolphe Bergonzoli
  3R 1-6.3-6Liudmila Nikoyan /Nikolay
  Guryev
 
この勝利は価値のある勝利です。
皆さんの応援が私の力の源だなとつくづく実感しました。
そして、なんと言っても、
この日の為に一緒に戦法を練り、寝る時も戦闘服を着て寝る、
とても頼もしいパートナーの宮坂みさ(ミサオくん)に感謝してます。
ミックスのペア、中嶋進(ナカジ)くんもありがとう。
 
そして優勝者の皆さんおめでとうございます。
Federica Bacchetta and Giulia Gasparri.
Michele Cappelletti and Luca Carli.
Nikolay Guryev and Liudmila Nikoyan.
すぐに福岡、宮崎と続きます。
 
 
2017年8月6日/ビーチテニス・高橋友美

Image 1

登山&クライミング・片山貴信が欧州最高峰エルブルス山登頂!

登山・クライミング 片山貴信

片山貴信(登山・クライミング)

大会情報

・日時=2017年7月14~25日
・場所=ロシア連邦に属するカバルダ・バルカン共和国南部 エルブルス山(標高5642m)
・結果=7月21日6時37分(日本時間12時37分)登頂

選手コメント

欧州最高峰エルブルス山(標高5642m)に登頂しました。
コースタイム8時間を6時間で踏破。7月21日のtop summiterでした。
累積歩行標高6640m+チェアリフトから靴を落として拾いに行った300m
 
21日0時30分、今日サミットプッシュするのは間違い?って位の強風。
しかし、厳冬期の北アルプスの方が条件厳しいしって自分に言い聞かせて
パスツーコフ岩直下(4600m)からスタート。
 
気温マイナス18度と予想よりも暖かいのに風が強い為に体温を奪われました。
風速15m位なので、体感温度はマイナス30度位。
雪質は締まっており、登りの条件は良かったのですが、
服とザックはすぐに凍りました。
 
ホワイトアウトに加え、横殴りの吹雪で自分の居場所を何度も何度も確かめました。
そんな悪天候の中、
一瞬見えるのは頭上だけでなく自分より下や横にも広がる満天の星。
 
明け方、天候は徐々に回復、空気が薄く呼吸は苦しいけれど、
想定内のペースを崩すこと無く、山頂を捉えたのに、まさかのニセピーク(東峰)
 
流石にこれには心折れました・・・
気を取り直してルートを修正し、ついに欧州最高峰(西峰)に立つことができました。
 
天候に左右され判断を誤り、予備日が減っていく焦りもありましたが、
何とか運も手に入れられたように思います。
 
【天才は努力家に勝てない。
 でも、努力家にも勝てない人がいる。
 それは楽しんでいる人】
 
らしいです(笑)
今回も良いこと、悪いこと、存分に楽しめたと思います。
 
 
2017年7月25日/登山&クライミング・片山貴信

Image 1

ウィンドサーフィン・松浦花咲実がYouth Worldで銅メダル!

ウィンドサーフィン 松浦花咲実

松浦花咲実(ウィンドサーフィン)

大会情報

・大会名=TORBOLE2017 RSX windsurfing class youth world Championship
・主催=国際RSX クラスウィンドサーフィン協会(International RSX class world association)
・日時=2017年6月24~7月1日
・場所=イタリア Torbole LakeGARDA
・結果=3位(男女ユース初銅メダル)
・関連サイト=http://www.rsxclass.org/youthworlds2017/

選手コメント

ユース最後のworldの試合でメダルを取ることができてとてもうれしいです!
スポンサーはじめいつも沢山の応援ありがとうございます!
今回のレースは、体調は崩していたし、レースの途中には道具トラブルもありましたが、
順位をまとめてレースをすることご出来ました。
 
参加人数は女子40人、レース本数は予選で7レース、
メダルレース3レースの計10レースをしました。
予選での順位は9位。
メダルレースでは、緊張もありましたがコースがとても面白く試合中はとても楽しんでできました。
しかも、自分が一ずつ順位を上げていきトップ選手と走っている事が幸せでした。
メダルレースはノックダウン方式と言ってグランドファイナル12人→セミファイナル6人→ファイナル3人で試合をします。
暫定1位2位の選手はセミファイナルとファイナルのシード選手になります。
なので、グランドファイナルで5位ファイナルでは3位に残らないと次のステージでは戦えません。
私はノックダウン方式のような勝ち上がり式の試合がとても好きで、
メダルレースが決まった時から、入賞はできると自分の中で確信がありました。
だけど、メダルを取ると言うことは歴代world優勝や入賞者に勝たないと届かない所です。
私は片隅でメダルを取れるかもと思いながらも、入賞で終わってしまうんじゃないかと思う所もありました。
だけど、メダルは絶対とりたい!そのために技術も沢山研究したし練習もした。
その言葉を自分に言い聞かせてました。
 
ファイナルレースはいつもと違う緊張感があり、
色んな国のコーチボートがスタートラインを囲み、トップの選手とスタートラインに並び試合が始まりました。
フィニッシュする最後の最後で歴代優勝の選手に抜かれ銅メダルが決まりました。
この時3位で喜ぶと思っていたのですが、抜かれて悔しいと思う気持ちの方が大きかったです。
次はシニアとの大戦になりますが、今回戦ったトップ選手はシニアでも上位にくるくらいとても速いです。
細かい技術は負けていたので、もっと練習してしっかりバトルできるように変わりたいと思います!
 
2017年7月1日/ウィンドサーフィン・松浦花咲実

Image 1

ウィンドサーフィン・鈴木文子が日本開催W杯で8位!

ウィンドサーフィン 鈴木文子

鈴木文子(ウィンドサーフィン)

大会情報

・大会名=ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会
・主催=PWA、ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会実行委員会
・日時=2017年5月11~16日
・場所=神奈川県横須賀市津久井浜
・結果=8位(年間ランキング暫定7位)
・関連サイト=http://wwcjapan.com/
       https://www.pwaworldtour.com

選手コメント

こんにちは、プロウィンドサーファーの鈴木文子です。
いつも応援ありがとうございます。
 

今大会は24年ぶりの日本開催となり、
なんとこの大会期間中に3万人を超える多くの方がこの大会に来て頂きました。
私にとってはいつも練習拠点としている津久井浜での開催ということで、
今まで以上に気合いの入る大会となりました。
 

今年のワールドツアーは第1戦が韓国で5月3~8日、第2戦が5月11~16日とアジアツアーから始まり、
約3週間かけての長い遠征となりました。
私は今年始め、肩の怪我による施術を受けて、2ヶ月ほど海でのトレーニングが出来ませんでした。
その後どうしてもこの大会に集中したかったので、
大事なウィンドサーフィンのイントラの仕事を止めて、2ヶ月ほど練習に充てて今大会に望みました。
 
初戦の韓国も風が弱く、ギリギリの風の中で1レース行い、
予選から今までに一番良いジャストスタートを切って決勝へ上がりました。
しかし、今回は自分の確認不足により、決勝ヒートを間違えてしまい決勝を走る事が出来ませんでした。
結果は9位。
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
しかし、予選での感覚はとてもよかったので、この大会でのミスは2度としないように心に決め、
気持ちを切り替え日本の大会に望みました。
 
11日からスタートしましたが、最初の2日は風に恵まれずにノーレース。
集中を切らさないように待ち続けて、13日の午後から大雨の中始まりました。
日本での予選も決勝に上がり、今大会もミニマムギリギリの風の中で決勝が行われました。
スタートに出遅れ、内容はかなり悪いものでしたが8位となりました。
 
今回は長いウェイティング(風速が7ノット以上吹かないとレースは行われません)が多く、
レースするよりも浜での待機が多く集中を切らさないようにするのがとても大変でした。
いつも練習している津久井浜でしたが、
やはりワールドカップで戦うとなるとまったく違う場所に感じられました。
海面もあまり吹かない風向きだったので、とても難しかったです。
でもその中でいつも応援して頂いている地元の皆様や、
多くの日本のウィンドサーファーの皆様の前戦えた事は本当に嬉しく思います。
 
結局1レースのみでしたが、
韓国から順位を1つあげ8位となり、2戦を終えた時点で世界ランキング暫定7位となりました。
 
レース内容は正直言いまして自分の走りがあまり出来ず、
もっと上を狙ってたので反省点ばかりでしたが、
24年ぶりの国内でのワールドカップで日本人選手の中でトップになれたことと、
自分のいつもの目標である大会毎に順位を上げて行く!ということは出来ました。
そして自分の夢でもあった日本開催!
 
本当にたくさんのテレビ取材、ラジオ、雑誌などの取材も来て頂きました。
慣れない取材に少し緊張もしましたが、プロウィンドサーファーとしての鈴木文子を知って頂き、
たくさんのファンを作ってもっともっと多くの方にウィンドサーフィンを知って頂きたい!
そんな機会を与えてもらえたと思います。
 
そしてアスリートエールを通じて応援して頂いている多くの皆様にも声をかけて頂きました。
本当にありがとうございます。
今回、プロとしていろんな意味で良い機会を与えて頂き感謝の気持ちでいっぱいです。
 
ワールドカップはあと29月のデンマーク、11月のニューカレドニアです。
現在世界ランキング7位ですが、
残り2戦で表彰台を目指し、世界ランキングトップ3に入れるように頑張りたいと思います。
最後は応援して頂いている皆様に、もっと良い結果をご報告出来るように頑張りたいと思います。
 
沢山の応援をありがとうございました。
 
2017年5月16日/ウィンドサーフィン・鈴木文子

Image 1

カヌー・石毛堅司、ワールドマスターズで2位!

石毛 堅司 カヌー(スプリント)

カヌー(スプリント)・石毛堅司

大会情報

・大会名=第9回ワールドマスターズゲームズ2017

・主催=IMGA(国際マスターズ協会)

・日時=2017年4月21~30日

・場所=ニュージーランド・オークランド

・結果=カヌー・スプリント500m/K-1(35~39歳クラス)=2位

・大会サイト=http://www.worldmastersgames2017.co.nz/

選手コメント

この度、ワールドマスターズゲームズ2017に初出場し、
準優勝という成績をおさめる事ができました。

今回の大会には各国の元ナショナルチームで活躍した選手や、
オリンピックなどへ出場したりする選手が多い中でレースができた事、
又、その中で結果を残せた事に素直に喜びを感じています。

これも沢山の方の応援や支援があったからこそだと強く感じています。
本当にありがとうございました。

2017.04.27/カヌー・石毛堅司

Image 1

ラート・松浦佑希、チームW杯で4位!

松浦 佑希 ラート

ラート・松浦佑希

大会情報

・大会名=TEAM WORLD CUP 2017

・主催=国際ラート連盟(IRV:International Wheel Gymnastics Federation)

・日時=2017 年4月22日

・場所=Austria(Salzburg)

・結果=団体4位

・関連サイト=http://www.rhoenrad.com/en/index.html

選手コメント

今回の大会では,メダルに届かず4位となってしまいましたが、
世界選手権上位入賞国のみが出場することができる本大会に
再び参加することができたことについては嬉しく思います。

本大会では、自分の強みとまた同時に弱い部分を知ることができました。
怪我を治しつつ、来年の世界選手権において挽回できるよう
また練習に励みたいと思います。
応援いただき、ありがとうございました。

 
2017.04.22/ラート・松浦佑希
 
 

Image 1

陸上(マラソン)・曽野政男、ワールドマスターズで優勝!

曽野 政男 陸上(マラソン)

陸上(マラソン)・曽野政男

大会情報

・大会名=第9回ワールドマスターズゲームズ2017

・主催=IMGA(国際マスターズ協会)

・日時=2017年4月21~30日

・場所=ニュージーランド・オークランド

・結果=10kmマラソン(60~64歳クラス)38分28秒=優勝

・大会サイト=http://www.worldmastersgames2017.co.nz/

選手コメント

ワールドマスターズゲームズは、
五輪翌年に開催される4年に1回の30歳以上による国際総合競技大会。
10kmマラソンの60~64歳クラスで、初出場で悲願の金メダルを獲りました。
皆様、有難うございました。
4年後の2021年、第10回は日本の関西で開催される為に、
日本で二連覇を目指します。

2017.04.22/陸上(マラソン)・曽野政男

Image 1

ウルトラマラソン・井上真悟、台湾横断マラソンで優勝!

井上 真悟 ウルトラマラソン

ウルトラマラソン・井上真悟

大会情報

・大会名=越台灣國際超馬賽(台湾国際横断ウルトラマラソン)

・主催=台湾ウルトラランナーズ協会

・日時=2017年3月31日~4月2日

・場所=台湾(台中~花蓮)

・結果=246km(累積高低差1万m) 31時間50分47秒
    大会新記録で優勝(2連覇)

・関連サイト
 運動筆記:https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1396332113743115&id=191291027580569
 公民新聞:https://www.peopo.org/news/332885
 ET SPORTS:http://sports.ettoday.net/news/896979

選手コメント

コース最大のピーク標高3240m地点付近では高山病に近い兆候もありましたが、
約28時間粘り抜き、
ラストの30km間でトップとの1時間差をくつがえして逆転優勝を飾りました。
有難うございました。

2017.04.02/ウルトラマラソン・井上真悟

Image 1