TOP Result News





ウィンドサーフィン・鈴木文子が日本開催W杯で8位!

ウィンドサーフィン 鈴木文子

鈴木文子(ウィンドサーフィン)

大会情報

・大会名=ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会
・主催=PWA、ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会実行委員会
・日時=2017年5月11~16日
・場所=神奈川県横須賀市津久井浜
・結果=8位(年間ランキング暫定7位)
・関連サイト=http://wwcjapan.com/
       https://www.pwaworldtour.com

選手コメント

こんにちは、プロウィンドサーファーの鈴木文子です。
いつも応援ありがとうございます。
 

今大会は24年ぶりの日本開催となり、
なんとこの大会期間中に3万人を超える多くの方がこの大会に来て頂きました。
私にとってはいつも練習拠点としている津久井浜での開催ということで、
今まで以上に気合いの入る大会となりました。
 

今年のワールドツアーは第1戦が韓国で5月3~8日、第2戦が5月11~16日とアジアツアーから始まり、
約3週間かけての長い遠征となりました。
私は今年始め、肩の怪我による施術を受けて、2ヶ月ほど海でのトレーニングが出来ませんでした。
その後どうしてもこの大会に集中したかったので、
大事なウィンドサーフィンのイントラの仕事を止めて、2ヶ月ほど練習に充てて今大会に望みました。
 
初戦の韓国も風が弱く、ギリギリの風の中で1レース行い、
予選から今までに一番良いジャストスタートを切って決勝へ上がりました。
しかし、今回は自分の確認不足により、決勝ヒートを間違えてしまい決勝を走る事が出来ませんでした。
結果は9位。
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
しかし、予選での感覚はとてもよかったので、この大会でのミスは2度としないように心に決め、
気持ちを切り替え日本の大会に望みました。
 
11日からスタートしましたが、最初の2日は風に恵まれずにノーレース。
集中を切らさないように待ち続けて、13日の午後から大雨の中始まりました。
日本での予選も決勝に上がり、今大会もミニマムギリギリの風の中で決勝が行われました。
スタートに出遅れ、内容はかなり悪いものでしたが8位となりました。
 
今回は長いウェイティング(風速が7ノット以上吹かないとレースは行われません)が多く、
レースするよりも浜での待機が多く集中を切らさないようにするのがとても大変でした。
いつも練習している津久井浜でしたが、
やはりワールドカップで戦うとなるとまったく違う場所に感じられました。
海面もあまり吹かない風向きだったので、とても難しかったです。
でもその中でいつも応援して頂いている地元の皆様や、
多くの日本のウィンドサーファーの皆様の前戦えた事は本当に嬉しく思います。
 
結局1レースのみでしたが、
韓国から順位を1つあげ8位となり、2戦を終えた時点で世界ランキング暫定7位となりました。
 
レース内容は正直言いまして自分の走りがあまり出来ず、
もっと上を狙ってたので反省点ばかりでしたが、
24年ぶりの国内でのワールドカップで日本人選手の中でトップになれたことと、
自分のいつもの目標である大会毎に順位を上げて行く!ということは出来ました。
そして自分の夢でもあった日本開催!
 
本当にたくさんのテレビ取材、ラジオ、雑誌などの取材も来て頂きました。
慣れない取材に少し緊張もしましたが、プロウィンドサーファーとしての鈴木文子を知って頂き、
たくさんのファンを作ってもっともっと多くの方にウィンドサーフィンを知って頂きたい!
そんな機会を与えてもらえたと思います。
 
そしてアスリートエールを通じて応援して頂いている多くの皆様にも声をかけて頂きました。
本当にありがとうございます。
今回、プロとしていろんな意味で良い機会を与えて頂き感謝の気持ちでいっぱいです。
 
ワールドカップはあと29月のデンマーク、11月のニューカレドニアです。
現在世界ランキング7位ですが、
残り2戦で表彰台を目指し、世界ランキングトップ3に入れるように頑張りたいと思います。
最後は応援して頂いている皆様に、もっと良い結果をご報告出来るように頑張りたいと思います。
 
沢山の応援をありがとうございました。
 
2017年5月16日/ウィンドサーフィン・鈴木文子

Image 1

カヌー・石毛堅司、ワールドマスターズで2位!

石毛 堅司 カヌー(スプリント)

カヌー(スプリント)・石毛堅司

大会情報

・大会名=第9回ワールドマスターズゲームズ2017

・主催=IMGA(国際マスターズ協会)

・日時=2017年4月21~30日

・場所=ニュージーランド・オークランド

・結果=カヌー・スプリント500m/K-1(35~39歳クラス)=2位

・大会サイト=http://www.worldmastersgames2017.co.nz/

選手コメント

この度、ワールドマスターズゲームズ2017に初出場し、
準優勝という成績をおさめる事ができました。

今回の大会には各国の元ナショナルチームで活躍した選手や、
オリンピックなどへ出場したりする選手が多い中でレースができた事、
又、その中で結果を残せた事に素直に喜びを感じています。

これも沢山の方の応援や支援があったからこそだと強く感じています。
本当にありがとうございました。

2017.04.27/カヌー・石毛堅司

Image 1

ラート・松浦佑希、チームW杯で4位!

松浦 佑希 ラート

ラート・松浦佑希

大会情報

・大会名=TEAM WORLD CUP 2017

・主催=国際ラート連盟(IRV:International Wheel Gymnastics Federation)

・日時=2017 年4月22日

・場所=Austria(Salzburg)

・結果=団体4位

・関連サイト=http://www.rhoenrad.com/en/index.html

選手コメント

今回の大会では,メダルに届かず4位となってしまいましたが、
世界選手権上位入賞国のみが出場することができる本大会に
再び参加することができたことについては嬉しく思います。

本大会では、自分の強みとまた同時に弱い部分を知ることができました。
怪我を治しつつ、来年の世界選手権において挽回できるよう
また練習に励みたいと思います。
応援いただき、ありがとうございました。

 
2017.04.22/ラート・松浦佑希
 
 

Image 1

陸上(マラソン)・曽野政男、ワールドマスターズで優勝!

曽野 政男 陸上(マラソン)

陸上(マラソン)・曽野政男

大会情報

・大会名=第9回ワールドマスターズゲームズ2017

・主催=IMGA(国際マスターズ協会)

・日時=2017年4月21~30日

・場所=ニュージーランド・オークランド

・結果=10kmマラソン(60~64歳クラス)38分28秒=優勝

・大会サイト=http://www.worldmastersgames2017.co.nz/

選手コメント

ワールドマスターズゲームズは、
五輪翌年に開催される4年に1回の30歳以上による国際総合競技大会。
10kmマラソンの60~64歳クラスで、初出場で悲願の金メダルを獲りました。
皆様、有難うございました。
4年後の2021年、第10回は日本の関西で開催される為に、
日本で二連覇を目指します。

2017.04.22/陸上(マラソン)・曽野政男

Image 1

ウルトラマラソン・井上真悟、台湾横断マラソンで優勝!

井上 真悟 ウルトラマラソン

ウルトラマラソン・井上真悟

大会情報

・大会名=越台灣國際超馬賽(台湾国際横断ウルトラマラソン)

・主催=台湾ウルトラランナーズ協会

・日時=2017年3月31日~4月2日

・場所=台湾(台中~花蓮)

・結果=246km(累積高低差1万m) 31時間50分47秒
    大会新記録で優勝(2連覇)

・関連サイト
 運動筆記:https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1396332113743115&id=191291027580569
 公民新聞:https://www.peopo.org/news/332885
 ET SPORTS:http://sports.ettoday.net/news/896979

選手コメント

コース最大のピーク標高3240m地点付近では高山病に近い兆候もありましたが、
約28時間粘り抜き、
ラストの30km間でトップとの1時間差をくつがえして逆転優勝を飾りました。
有難うございました。

2017.04.02/ウルトラマラソン・井上真悟

Image 1

スキークロス・梅原玲奈、世界選手権で8位!

梅原 玲奈 スキークロス

スキークロス・梅原玲奈

大会情報

・大会名=2017フリースタイルスキー世界選手権・スキークロス

・主催=FIS(国際スキー連盟)

・日時=2017年3月18日(土)

・場所=スペイン・シェラネバダ

・結果=8位
    (予選上位16名の決勝トーナメントの準決勝で敗退し、順位決定戦に回って8位獲得)

・関連サイト
  https://mobile.fis-ski.com/results.html?seasoncode=2017&sectorcode=FS&sector=Freestyle&catcode=WSC&category=World+Ski+Championships&raceid=9637
 
 日経新聞:http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK60810_Y7A310C1000000/
 時事通信:http://www.jiji.com/jc/article?k=2017031900017&g=spo
 毎日新聞:http://mainichi.jp/articles/20170319/k00/00m/050/137000c
 読売新聞:http://www.yomiuri.co.jp/sports/winter/20170319-OYT1T50005.html
 東京新聞:http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017031801001937.html
 日刊スポーツ:http://www.nikkansports.com/sports/news/1794311.html

選手コメント

今季の大きな目標であったベスト8進出を
世界選手権の舞台で果たす事が出来ました。

気温が高くコース状況が悪かったり、
1日で予選から全てを行うレーススケジュールでとてもタフなレースでしたが、
今季最後のレースで来年に繋がる結果を残せた事は大きな収穫となりました。

来シーズンへ向けて更に頑張りますので、
引き続き応援よろしくお願いいたします。

2017.03.18/スキークロス・梅原玲奈

Image 1

カヌー(スラローム)・八木愛莉、アジア選手権U-23で優勝!

八木 愛莉 カヌー(スラローム)

カヌー(スラローム)・八木愛莉

大会情報

・大会名=2017 カヌースラローム アジア選手権大会

・主催=ICF (international canoe federation)

・日時=2017年2月24~26日

・場所=Nakhon Nayok, Thailand

・結果=カヌースラローム・カナディアンシングル種目 U23部門 優勝 総合シニア4位

選手コメント

シーズン初レースとなる「アジア選手権」で、 U23部門で優勝することができました。

応援、サポートしていただいた皆様、

アスリートエールのスポーツファンディングで御協賛頂いた皆様、本当に有難うございました。

しかし、総合シニア部門では4位と、悔しい結果となってしまいました。

まだまだ、修行しなくてはと感じております。

これから春の選考会を控え、夏にはワールドカップ、世界選手権があります。

2020東京五輪に向けて、1つ1つ練習、努力を重ねていきたいと思います。

今後とも応援宜しくお願い致します。

2017.02.26/カヌー(スラローム)・八木愛莉

Image 1

トランポリン・外村哲也、World Cupでシンクロ3位!

外村 哲也 トランポリン

トランポリン・外村哲也

大会情報

・大会名=2017 ワールドカップシリーズ バクー大会

・主催=FIG(国際体操連盟)

・日時=2017年2月18~19日

・場所=アゼルバイジャン共和国・バクー

・結果=シンクロ種目(外村・田崎ペア)3位

選手コメント

2016リオオリンピックが終わり、
2020東京オリンピックに向けての最初の国際大会が今回のワールドカップでした。
皆さんの応援のおかげで、僕としては3年ぶりの国際大会のメダル獲得、
ペアの田崎選手は初めてのメダル獲得をすることができました。
応援ありがとうございました。

今大会でメダルを獲得できて、次の夢に向けて幸先のいいスタートになったと思います。
痛めてしまった足は、打撲と捻挫でしたが、今は順調に回復に向かっています。
次は2017年5月の国内大会に向けて、
そして最後の目標、2020東京オリンピックに向けてまだまだ頑張ります。
これからも応援よろしくお願いします。

2017.02.19/トランポリン・外村哲也

Image 1

ロープスキッピング・森口明利、世界初、7重跳びでギネス記録認定!

ロープスキッピング・森口明利

ロープスキッピング・森口明利

大会情報

・大会名=ロープジャンプ冬の合同合宿in淡路島
・日時=2017年1月14日
・場所=国立淡路島青少年交流の家
・結果=the most revolusions in a single skipーrope skipping
    (なわとびで1回のジャンプ中に最も縄を多く回した回数)に挑戦し、
     世界初の7重跳びに成功し、ギネス世界記録認定
・関連映像
 

選手コメント

2017年1月14日に、7重跳びのギネス世界記録に挑戦し、
7重跳びに世界で初めて成功しました。
初めて6重跳びに成功してから約8年の歳月がかかりましたが、
皆様の応援もあり、無事に7重跳びを跳ぶことが出来ました。
ありがとうございました!

これで、4重跳び、5重跳び、6重跳び、7重跳びのギネス世界記録認定となり、
ギネス世界記録4冠となりました。
今後は、2020年までの8重跳びの達成に向け、もう一踏ん張り、精進していきます。
これからも皆様の応援よろしくお願いいたします!

2017年01月14日/ロープスキッピング・森口 明利

※ギネス世界記録認定は、
  数十万円を負担してギネス認定員を呼び、目の前で実行するか、
  なわとび専門家2名の審査証明書とスロー映像と関係書類を送るか、
  今回は後者の方法で認定を受けました。

Image 1

ラウェイ・金子大輝、ミャンマーで現役王者に勝利!

金子 大輝 ラウェイ

ラウェイ・金子大輝

大会情報

・大会名=Kayin New Year Lethwei Events(カイン州・新年ラウェイ大会)
・日時=2016年12月28~29日
・場所=ミャンマー連邦共和国ヤンゴン郊外/インセイン地域フットボールスタジアム
・結果=セミファイナル:ラウェイ3分5R
    Lwan Chai(ミャンマー19歳/州管区チャンピオン)
      vs
    金子大輝(日本22歳/Thut Ti Myanmar Lethwei Club)

    1R2分20秒・TKOで勝利
    タイトルマッチでは無かったものの、セミファイナルで、
    ミャンマーのチャンピオンを破り、次戦以降のタイトルマッチが見えた状況。
・関連サイト=http://www.zonekickboxing.com/release/20161229r.html

選手コメント

ラウェイとは1000年の歴史を持つミャンマー国技で、
グローブを着用せずバンテージのみによって試合を行い、
頭突きの使用が許可されている世界一危険なな格闘技です。

相手選手は、元無差別級王者で伝説の英雄ワンチャイの息子ルワンチャイで、
彼は15戦無敗の戦績を誇り、州管区チャンピオンという肩書を持つ、まさにエリートファイターでした。

この大会は歴史と格式のある有名な大会で、地元スタジアムは5000人のアウェイ状態でしたが、
大変ありがたいことに、Facebookで私を知って頂いたミャンマーの方や、
現地に滞在する日本人の方、日本から海を越えて応援に来て頂いた方々がいらっしゃいましたので、
リングインした際には沢山の声援を頂きました。
ミャンマーの名門ジム「トゥッティ・ラウェイクラブ」で指導を受けている事を一部のファンが知っていた御蔭で、
この勝利によって更に自分のファンが増えてくれて、試合結果にも大歓声を頂きました。

御蔭様でFacebookの友達人数制限5000人を超えてしまった為、
新たに個人ページを開設した次第です。
早速、多くのミャンマーの方に『いいね』を頂き、先日1000『いいね』を突破し、更に留まることがないです。

今後は、格闘家としての最大の目標であるUFCのチャンピオンを見据え、
ラウェイの頂点にして唯一のベルト『ゴールデンベルト』を懸けた闘いに参戦すべく、更に精進してまいります。
応援のほど、よろしくお願いします。

2016.12.29/総合格闘技(ラウェイ)・金子大輝

Image 1