カテゴリー別アーカイブ: フリーダイビング

フリーダイビング・日本代表女子(人魚Japan)が世界選手権で優勝!

フリーダイビング 日本代表女子

人魚Japan(フリーダイビング)

大会情報

・大会名=AIDA2016フリーダイビング世界選手権・団体戦
・主催=Freediving Club Greece、AIDA(アプネア国際振興協会)
・日時=2016年9月11~24日
・場所=ギリシャ・カラマタ
・結果=優勝(2010、2012に続き3度目の世界一)
・関連サイト=http://aidaworldchampionships.com/index.php/results
       https://www.facebook.com/events/256101041450496/
       https://www.facebook.com/ningyojapan

選手コメント

今回は長期のトレーニングから揃え、個人の特性や仕上がりで作戦を立てて、
しっかり確実に勝ちに行けたと思います。
今回の日本代表女子は、海外から優勝候補と注目されていましたが、
実際は僅差の勝負となりました。
その中で全員3種のホワイトカードは絶対という責任や緊張はとても大きかったのですが、
その何倍も達成感と感動が大きいです。
個人的な目標や今後のトレーニング課題も見つかりましたので、
今後の対処としたいと思います。

世界選手権・団体戦は、
2012年・沖縄、2012年・フランスと2連覇で、
2014年・イタリアで3連覇する計画でしたが惜しくも銀メダル。
今回の2016年・ギリシャで「世界一V3」を達成できました。

日本からの応援と御支援を有難うございました!
(代表・岡本美鈴)

2016年9月24日/フリーダイビング日本代表女子(岡本美鈴、廣瀬花子、福田朋夏)

Image 1

フリーダイビング・廣瀬花子、バハマ国際大会で世界歴代2位記録で優勝!

廣瀬花子 フリーダイビング

フリーダイビング・廣瀬花子

大会情報

・大会名=Vertical Blue 2016(国際大会)
・主催=Vertical Blue(William Trubridge)
・日時=2016年4月22日~5月2日
・場所=バハマ Long-island
・結果=CWT(フィン付き潜水)-99m優勝(世界歴代2位記録)
・関連サイト=http://2016.verticalblue.net/results/?action=overall(大会HP)

選手コメント

世界最大深の縦穴「ディーンズブルーホール」という、
フリーダイビングにとって最高のフィールド、
すばらしい環境で、心身共にコンディションはとてもいい状態で競技に挑めました。
 
そして今回のひとつの目標だった90Mという深度の突破と、
99Mダイブの成功で、
フリーダイビングを始めたころからの念願、夢のひとつであった日本記録を更新!
 
そして世界歴代2位の記録となり、夢の世界記録まであと3M。
毎回のダイブの度に新しい感動と学びがありながら、
さらにたくさんの期待と楽しみを残して、10日間の大会が無事に閉幕しました。
みなさん、日々暖かい応援をいただき本当にありがとうございました!!
 
世界記録まであと3M!
このたった3Mにどんな大きな壁があるのかとも想像できますが、
この大会で得たたくさんの経験や強い気持ちは、
夢の世界記録をとても現実的なイメージにしてくれました。
とても楽しみでなりません!
 
この世界記録を狙いながらも、
自分らしく、楽しく、いいパフォーマンスを積み重ねて、
さらに強い選手になっていきたいと思います!
これからも応援よろしくお願いします!
有難うございました!
 
2016.05.02/フリーダイビング・廣瀬花子

Image 1

フリーダイビング・木下紗佑里、バハマ国際大会で世界記録樹立!

木下紗佑里 フリーダイビング

フリーダイビング・木下紗佑里

大会情報

・大会名=Vertical Blue 2016(国際大会)
・主催=Vertical Blue(William Trubridge)
・日時=2016年4月22日~5月2日
・場所=バハマ Long-island
・結果=CNF(コンスタントノーフィン)-72m(世界記録)
・関連サイト=http://2016.verticalblue.net/results/?action=overall(大会HP)

選手コメント

こんにちは!フリーダイバーの木下紗佑里です。
私は今、Vertical Blue2016に参戦中です。
大会4日目の4月26日にCNF(コンスタントノーフィン)にて
「-72mの世界記録」を樹立いたしました。
たくさんの方々に支えられて成し遂げることのできた結果だと思っています。
皆様には大変感謝いたします。

この結果は一つの通過点にすぎませんので、
これからも次の目標に向かって努力してまいります。

2016.04.26/フリーダイビング・木下紗佑里

Image 1

フリーダイビング・岡本美鈴、世界選手権でCWT種目90mで優勝!

岡本美鈴 フリーダイビング

フリーダイビング

大会情報

・大会名=2015 AIDA Depth World Championships (AIDAフリーダイビング世界選手権・海洋種目・個人戦)
・日時=2015年9月11~20日
・場所=キプロス共和国・リマソール
・結果=CWT競技種目(フィン付き海洋深度競技)・優勝(-90m)
・関連サイト
  http://www.freedivingcyprus.com(公式)
  https://www.facebook.com/cyprus2015japanteam(日本代表facebook)

選手コメント

今回の世界選手権(キプロス)は海況の悪さや10年に一度の砂嵐など、
中々練習できない中で、前日練習で感触を確かめて、
今の自分にとって最大限可能と思える申告を行ないました。
世界選手権で優勝する申告を行い、成功させるという事は、
今までのフリーダイビング競技人生の中で初めての事でした。

当日は予想以上に海況が悪く、緊張も恐怖感も最高潮の中、
皆様から頂いた応援に心を支えられ、何とか心を保ち、いつものダイブができました。
(28ヵ国参加150名が参加した世界選手権で、花形競技のCWTで優勝)

90mではボトムプレートを通り過ぎてしまうという失敗もありましたが、
今後は全てをコントロールするダイブを磨いてゆきたいと思います。
今は、無事にダイブを終えられたこと、
支えて下さった支援者関係者の皆様、家族友人、ダイバー仲間の皆さん、
そして現地で共に頑張る日本代表選手の皆さんに本当に感謝しております。
有難うございました。

2015.09.17/フリーダイビング・岡本美鈴

Image 1

フリーダイビング・岡本美鈴、Vertical Blue 2015でCWT優勝!歴代世界3位&アジア記録!

岡本美鈴 フリーダイビング

フリーダイビング

大会情報

・大会名=SUUNTO VERTICAL BLUE 2015(フリーダイビング国際大会・個人戦)
・主催=Vertical Blue(William Trubridge)
・日時=2015年4月27日~5月7日
・場所=バハマ・ロングアイランド・Dean’s Blue Hole
・結果=CWT-92m=CWT(海中深度競技)優勝
    ‐歴代世界3位記録
    ‐アジア記録
    ‐日本記録
・関連サイト
  http://2015.verticalblue.net/

選手コメント

約一ヶ月のトレーニングと大会期間が終わり、1メートルですが、
CWT-92mという自己ベストと日本アジア記録を更新することができました。
長期の疲れがピークとなる後半の滞在中は、
強い気持ちを保つことや自分を信じ続ける事が、とても難しくなります。
そのような時にミニスポンサーとファンの皆さまに、
支えて頂き踏み出す一歩が出せました。
心から感謝申しあげます。

課題も見つかったので更なる深みを目指したいとおもいます。
いつも見守って頂き、ありがとうございます!

2015.05.07/フリーダイビング・岡本美鈴

Image 1

フリーダイビング・岡本美鈴、Vertical Blue 2014(国際大会)で優勝!歴代世界3位記録!

岡本美鈴 フリーダイビング

フリーダイビング(国際大会)

大会情報

・大会名=Vertical Blue 2014(国際大会)
・主催=Vertical Blue(William Trubridge)
・日時=2014年11月27日~12月5日
・場所=バハマ Long-island
・結果=CWT-91m=CWT優勝
    (CWT-91mは、歴代世界3位記録)
・関連サイト
  http://2014.verticalblue.net/results/?action=overall

選手コメント

バーチカルブルー閉幕しました。
私はおかげさまで、コンスタントウエイトwithフィン種目・優勝!
91m=日本アジア記録・世界歴代3位 となりました。
今まで世界歴代3位”タイ”でしたが、
これで『世界で3番目に深く潜る女性』になることができました。
応援ありがとうございました!!

最終ダイブは未達に終りましたが、
2年ぶりに自己ベストと日本アジア記録を更新できた事、
目標の一つである100mダイブへ現実味を持てた事が大きな収穫です。

まだまだ道は遠いですが、一つの山頂の姿が見えてきました。
あとは自分に何が足りないのか?ひとつひとつ検証して積み重ねてゆく事・・・
というわけで、ここからまた練習の日々がスタートです。
ちょっとワクワクしています。
相変わらずスローペースかもしれませんが、これからも見守って頂けたら嬉しいです!

2014.12.06/フリーダイビング・岡本美鈴

Image 1

フリーダイビング・廣瀬花子、Vertical Blue 2014(国際大会)で4位!

廣瀬花子 フリーダイビング

フリーダイビング(国際大会)

大会情報

・大会名=Vertical Blue 2014(国際大会)
・主催=Vertical Blue(William Trubridge)
・日時=2014年11月27日~12月5日
・場所=バハマ Long-island
・結果=CWT-82m=CWT4位
・関連サイト
  http://2014.verticalblue.net/results/?action=overall

選手コメント

やったーーー!!!
潜れました82m!!
すごく緊張したけど、いい集中に入れて最高に気持ちいいダイブでした!
いままでで一番かも!

何度もみなさんの応援コメントを思い出しながら、
ボトムまで到達するイメージを頭の中で繰り返しました。
ボトムに到着したときは嬉しくて思わず叫びそうになっちゃった!笑
頑張ってくれたわたしの身体にも本当に感謝。。

これで大会は終わり、寂しいけど、
たくさんの経験と大きな要をくれたこの2週間は、
日々支えてくれたみなさん、スポンサーTrueNorthさん、待っていてくれる旦那さん、
いつも元気をくれる日本チームみんな、家族..みなさんのおかげです。
応援ありがとうございました!!

2014.12.06/フリーダイビング・廣瀬花子

Image 1

フリーダイビング・日本代表女子、世界選手権・団体戦で銀メダル獲得!

岡本 美鈴・廣瀬 花子 フリーダイビング

岡本美鈴・廣瀬花子(フリーダイビング)銀メダル

大会情報

・大会名=AIDA Team World Championship 2014(フリーダイビング世界選手権・団体戦)
・主催=Blue World Apnea School(後援:AIDA イタリア)
・日時=2014年9月16~27日
・場所=イタリア・サルディーニャ島
・結果=日本代表・女子:2位(銀メダル)
・主催者サイト: http://www.aidainternational.org/
・大会サイト: http://www.blueworldchamp.it/
・日本代表サイト: https://www.facebook.com/ningyojapan

選手コメント①<岡本美鈴>

日本代表・女子の3連覇を食い止めようとするロシアの猛攻に銀メダルとなりましたが、
絶対女王に成る為 の課題やVisionが明確に成りましたので、
次回の団体戦では必ずそれが活かせると思います。
応援者・支援者の方々に感謝致します、有難うございました。
2015年の世界選手権・個人戦では、TOPを狙って究極の世界に挑戦しますので、
今後も、皆様の応援を宜しく御願い致します!

2014.9.28/フリーダイビング・岡本美鈴

Image 1

選手コメント②<廣瀬花子>

3連覇を狙っていた為に悔しい想いもありますが、銀メダルを取れた事で、
日本の強さと、私達のチームワークを世界に示す事ができたと思います。
監督・コーチは勿論、多くの方々に応援と支援を頂きました、本当にありがとうございました。
まだまだ日本代表・女子チーム“人魚Japan”は成長します。
今後共、皆さん宜しく御願いします。

2014.9.28/フリーダイビング・廣瀬花子

Image 1

フリーダイビング・岡本美鈴がギリシャで開催された世界選手権で銀メダル獲得!

岡本美鈴 フリーダイビング

岡本美鈴(フリーダイビング)世界選手権・銀メダル

大会情報

・大会名=AIDA World Championship 2013 (フリーダイビング世界選手権・海洋・個人戦)
・主催=Freediving Club Greece (AIDA(アプネア国際振興協会)公認)
・日時=2013年9月15~22日
・場所=ギリシャ・Kalamata
・結果=32ヵ国143選手参加によるフリーダイビング世界選手権で、
    CWT(無酸素・足フィン有りで海中深度を競う)競技において、
    日本代表・岡本美鈴が「深度86m」で銀メダル(世界2位)を獲得

・主催者サイト: http://www.freediving-club.gr/
・大会サイト: http://www.aidaworldchampionships.com/
・AIDAサイト: http://www.aidainternational.org/

選手コメント

2011年の個人戦・銅メダル(3位)を、今回、銀メダル(2位)に格上げする事ができました。
疲れがあった為か本調子ではありませんでしたが、御陰様で何とか日本の意地を貫きました。

日本から応援して頂いた多くの皆様、
いつも御支援頂いているサプライヤー・スポンサーの方々に感謝致します、
ありがとうございました!

今後も更なる記録を追求しますので、変わらぬ応援・御支援を宜しく御願い致します。

2013.09.20/フリーダイビング・岡本美鈴(旧姓:平井)

Image 1