タグ別アーカイブ: 鈴木文子

ウィンドサーフィン・鈴木文子が日本開催W杯で8位!

ウィンドサーフィン 鈴木文子

鈴木文子(ウィンドサーフィン)

大会情報

・大会名=ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会
・主催=PWA、ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会実行委員会
・日時=2017年5月11~16日
・場所=神奈川県横須賀市津久井浜
・結果=8位(年間ランキング暫定7位)
・関連サイト=http://wwcjapan.com/
       https://www.pwaworldtour.com

選手コメント

こんにちは、プロウィンドサーファーの鈴木文子です。
いつも応援ありがとうございます。
 

今大会は24年ぶりの日本開催となり、
なんとこの大会期間中に3万人を超える多くの方がこの大会に来て頂きました。
私にとってはいつも練習拠点としている津久井浜での開催ということで、
今まで以上に気合いの入る大会となりました。
 

今年のワールドツアーは第1戦が韓国で5月3~8日、第2戦が5月11~16日とアジアツアーから始まり、
約3週間かけての長い遠征となりました。
私は今年始め、肩の怪我による施術を受けて、2ヶ月ほど海でのトレーニングが出来ませんでした。
その後どうしてもこの大会に集中したかったので、
大事なウィンドサーフィンのイントラの仕事を止めて、2ヶ月ほど練習に充てて今大会に望みました。
 
初戦の韓国も風が弱く、ギリギリの風の中で1レース行い、
予選から今までに一番良いジャストスタートを切って決勝へ上がりました。
しかし、今回は自分の確認不足により、決勝ヒートを間違えてしまい決勝を走る事が出来ませんでした。
結果は9位。
本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
しかし、予選での感覚はとてもよかったので、この大会でのミスは2度としないように心に決め、
気持ちを切り替え日本の大会に望みました。
 
11日からスタートしましたが、最初の2日は風に恵まれずにノーレース。
集中を切らさないように待ち続けて、13日の午後から大雨の中始まりました。
日本での予選も決勝に上がり、今大会もミニマムギリギリの風の中で決勝が行われました。
スタートに出遅れ、内容はかなり悪いものでしたが8位となりました。
 
今回は長いウェイティング(風速が7ノット以上吹かないとレースは行われません)が多く、
レースするよりも浜での待機が多く集中を切らさないようにするのがとても大変でした。
いつも練習している津久井浜でしたが、
やはりワールドカップで戦うとなるとまったく違う場所に感じられました。
海面もあまり吹かない風向きだったので、とても難しかったです。
でもその中でいつも応援して頂いている地元の皆様や、
多くの日本のウィンドサーファーの皆様の前戦えた事は本当に嬉しく思います。
 
結局1レースのみでしたが、
韓国から順位を1つあげ8位となり、2戦を終えた時点で世界ランキング暫定7位となりました。
 
レース内容は正直言いまして自分の走りがあまり出来ず、
もっと上を狙ってたので反省点ばかりでしたが、
24年ぶりの国内でのワールドカップで日本人選手の中でトップになれたことと、
自分のいつもの目標である大会毎に順位を上げて行く!ということは出来ました。
そして自分の夢でもあった日本開催!
 
本当にたくさんのテレビ取材、ラジオ、雑誌などの取材も来て頂きました。
慣れない取材に少し緊張もしましたが、プロウィンドサーファーとしての鈴木文子を知って頂き、
たくさんのファンを作ってもっともっと多くの方にウィンドサーフィンを知って頂きたい!
そんな機会を与えてもらえたと思います。
 
そしてアスリートエールを通じて応援して頂いている多くの皆様にも声をかけて頂きました。
本当にありがとうございます。
今回、プロとしていろんな意味で良い機会を与えて頂き感謝の気持ちでいっぱいです。
 
ワールドカップはあと29月のデンマーク、11月のニューカレドニアです。
現在世界ランキング7位ですが、
残り2戦で表彰台を目指し、世界ランキングトップ3に入れるように頑張りたいと思います。
最後は応援して頂いている皆様に、もっと良い結果をご報告出来るように頑張りたいと思います。
 
沢山の応援をありがとうございました。
 
2017年5月16日/ウィンドサーフィン・鈴木文子

Image 1

ウィンドサーフィン・鈴木文子がWorld Tour第2戦で10位!

ウィンドサーフィン 鈴木文子

鈴木文子(ウィンドサーフィン)

大会情報

・大会名=PWA WORLD TOUR 第2戦 Hvide Sande
・主催=PWA
・日時=2016年9月4~10日
・場所=デンマーク
・結果=第2戦10位→年間ランキング9位
・関連サイト=http://www.pwaworldtour.com/index.php?id=2129

選手コメント

こんにちは、プロウィンドサーファーの鈴木文子です。
いつも応援ありがとうございます。

9月4日から10日まで、
PWAワールドカップ第2戦デンマークHvide Sandeへ行ってきました。
Hvide Sande はデンマークの北西に位置し、
今回の場所は北海に面しているリンケビングという干潟で行われました。

この場所はとても風が吹く事で有名で、
実際大会前にも地元の友人とやり取りしながら大会期間中の風が良い予報になっていると言われ、
かなり気負いを入れて出発しました。
風が吹くと冷たい北風に変わるので、気温も下がり冬用のウェットが必要になります。
そして大会当日。
女子は31名のエントリーで、4ヒートに分けられます。
予選は一組7〜8人で戦い、トップ4人の選手がセミファイナルへ進みます。
セミファイナルでもトップ4人が決勝進出となりますが、
ここでトップ4に残れないと9位から16位を決めるルーザースファイナルへ行きます。
第1レースは風向きも練習ではなかったオンショア(沖から陸に向かって吹く風)でした。
オンショアは風も弱く、安定しない風向きでした。
予選は手持ち最大のセイルサイズで行き、セミファイナルへ。
このセミファイナルがこ今回一番勝ち上がらなくてはいけない戦いだったと今は思います。
気持ちの焦りが負けに繋がったと・・・。

このセミファイナルは私達のヒートの時に風が不安定になり、4回もやり直しになりました。
何度かやり直しをしても、スタートからファーストマークまでも良い感覚でした。
3回ほどスタートして最終マーク(マークは4個あります)まで回ってキャンセルになったり、と
なぜか私達のヒートに限ってやり直し。
でも、集中して何度やっても勝ち上がれる順位にいました。
1時間ほどやり直しをして、一旦レースを中断しました。
浜に戻って風が上がってくるまで待機です。
さらに1時間ほど風待ちをして再開しました。
ここで私は大きなミスをしました。
このレースは一番風も弱く、スタート前からも出遅れたら止まってしまうほどでした。
なので、スタートの失敗は許されませんでした。
他の選手もかなり前に前に出て行くので、
スタートの際に多くの選手が自分よりも前に出ていたと思います。
そしてリコールのホーンが鳴りました。
リコールとはオーバーアーリーと言ってフライングした選手がいるという事です。
このヒート8人中5人もリコールと、今まででもあまり例のない人数です。
その中に私も入って失格となりました。

リコールする事はどの選手でもあります。
ワールドチャンピオンの選手でもしますが、ここでは絶対にしてはいけなかったと思います。
勝ち上がるためにジャストでスタートする!!これはとても大事な事。
ここは何としてでも勝ち上がりたかったです。
でも、その後のルーザースでもスタートも悪く、10位。

風はその後も弱く2日後にギリギリの風でもう1レース。
この日も予選から海面に合わせられなくて予選はなんとか勝ち上がりましたが、
決勝に残れませんでした。

初日のリコールはかなり自分にがっかりでしたが、
この時はまだまだレースが10レースほど出来ると思ってたので、
たくさんレースをして挽回しようと思いました。
しかし、予報はどんどん悪くなり、2レースのみで1度も決勝に残れませんでした。

今年は韓国も1レースのみで、今大会も2レースのみ。
1年を通して3レースのみで風もミニマムギリギリでした。
この少ないレースでもしっかり結果を残さないといけなかったのですが、
自分にはそれが出来ずこの大会は10位で終えました。
そして年間ランキングは9位となりました。

今年はトルコが国の情勢が不安定という事で、キャンセルとなりました。
ウィンドサーフィンは自然相手ですから、
たくさんレースをする事もあれば今年のようにたった2戦で終わる事もあります。
でも、正直もっとレースがしたかったです。

これだけ書くと、この1年がかなり不調のように思えますが、
前向きな考えと、
予選では元世界チャンピオンの選手とスピードではピッタリついて行けた事と、
ジャイブで抜けた事など、課題のスピードアップは少し成果があったと思います。
ただ、少ない大会数でもしっかり結果が出す事が出来なかったのは
自分の力不足だったと感じました。

今回はスポーツファンディングの短期プロジェクトでご支援頂いた皆様、
そしていつも応援して頂いてる皆様のお陰でツアーを終える事が出来ました。
自分だけの力だけでは行く事も出来ませんでしたが、
今までにはないくらい大きな支えがあってワールドツアーを終える事が出来ました。
だからこそ、結果をしっかり出したかったです。

でも、今シーズンはタヒチから招待選手として招いてもらえた事、
そこで一緒に他の女子と練習する事でいろんな事を学びました。
デンマークでもたくさんこれからもっと速くなるために学ぶ事も多かったです。
いつもワールドツアーを終えた後は精神的にもぐったりで、
来年の事を考える余裕がないくらいですが、今年はなぜかやる気満々です(笑)

これは本当にいつも応援し続けてくれる多くのスポンサーの皆様、
アスリートエールでのファンの皆様、友達や家族、
そしてティアーズウィンドサーフィンショップでのメンバーさんや生徒さん達の
熱い支えがあっての事だと思ってます。

ワールドカップは終わりましたが、
あとは国内ツアーに集中して全日本チャンピオン目指します。
世界でも戦っていける選手になるためにも、
国内での全日本チャンピオン奪回に向けて頑張ります。

たくさんの応援ありがとうございました。
そして、これからもどうぞ応援宜しくお願いします。

2016年9月10日/ウィンドサーフィン・鈴木文子

Image 1

ウィンドサーフィン・鈴木文子、PWAワールドツアー最終戦で9位!

鈴木文子 ウィンドサーフィン

鈴木文子・ウィンドサーフィン(ワールドツアー)

 ( photo by Bruno Moure )

大会情報

・大会名=PWA WORLD TOUR 第3戦 AIRWAVES NOUMEA DREAM CUP
・主催=PWA(The Professional Windsurfers Association)
・日時=2015年11月24日~29日
・場所=New Caledonia
・結果=9位(→これにて2015年世界ランキング7位)
・関連サイト
  http://www.pwaworldtour.com

選手コメント

2015年世界ランキング7位
 
今年もワールドツアーを終え、
第1戦韓国 6位、第2戦トルコ 11位、第3戦ニューカレドニア9位で、
2015年の世界ランキングを7位となりました。
(3年連続世界ランキングトップ8入りとなりました!)
 
世界ランキング6位以内の選手は全員が表彰台にあがっています。
来年の課題はトップ争いに食い込めるスピード!!
今の私にはこれが必要だと実感した1年となりました。
 
国内の大会も先日行われたJWAジャパンサーキット第3戦・掛川チャンピオンシップは
表彰台をも逃し4位で終え、現在国内ランキングは2位となっています。
ジャパンサーキットは1月、3月と残り2戦。
今期は国内で1度も優勝がないので、
残りの大会は全て優勝し、
皆さんに全日本チャンピオンになってまたご報告出来るように頑張ります。
 
今年1年アスリートエール通じてサポートして頂き、
そしてたくさんの応援ありがとうございました。
来年はさらに進化して上を目指して努力して行きたいと思います。

2015.11.29/ウインドサーフィン・鈴木文子

Image 1

ウィンドサーフィン・鈴木文子、ワールドツアー第1戦で6位入賞!

鈴木文子 ウィンドサーフィン

鈴木文子・ウィンドサーフィン(ワールドツアー)

大会情報

・大会名=PWA WORLD TOUR SLALOM 第1戦 KOREA
・主催=PWA(The Professional Windsurfers Association)
・日時=2015年5月1~6日
・場所=韓国・ジンハビーチ
・結果=6位
・関連サイト
  http://www.pwaworldtour.com

選手コメント

この大会は2015年の初戦だったので、
冬のトレーニングの成果がでるとても大事な1戦でした。

今年の冬はかなり乗り込んできましたが、
自分ではチューニング、スピードと手応えのある感覚がありましたが、
国内の大会は1月から3戦続いて、2位、優勝、3位とばらつきがありました。
この成績のばらつきで、自分が良いのか悪いのかなんとなく不安な気持ちもありました。
しかし、実際に韓国で練習をすると、
この場所はワールドツアーに初めて転戦し始めたときからずっと来ているので、
レース前のメンタルもとても集中出来て本番に挑めました。

レースは4レース行われ、1レース5位、2レース8位、3レース7位、4レース5位と、
一番悪い順位をカットして総合ポイントで争われました。
私は2レース目の8位をカットして、総合17ポイントで6位となりました。

結果6位・・・表彰台を目標だったのであまり喜べませんが、
今回は全ファイナルに行けた事、ファイナルに行った選手は
トップ3と私だけだったという事は今までになかった安定した結果となりました。
これは自分にとってはとても大きな成長だったかなと思います。
スタートも出遅れたのレースもあり、
もっとスタートが攻めて行く事も次のレースへの課題となりました。
今年は残り2レースしかないので、
なんとか初戦を6位で終え、表彰台もまだまだ遠い夢ではなくなったと思います。
次は8月トルコまでワールドツアーはありませんが、
国内の大会は7月にあるのでそれまでにまた集中して練習して行きたいと思います。

いつもサポートして頂いてるスポンサーの皆様、
アスリートエールで支援して頂いている皆様、
ファン登録して頂いている皆様、
いつも本当に応援して頂きありがとうございます。
今年で9年目のワールドツアーも始まりました。
今年こそは表彰台へ立って皆様へご報告出来るように頑りますので、
どうぞ応援宜しくお願いします。

2015.05.06/ウインドサーフィン・鈴木文子

Image 1

ウィンドサーフィン・鈴木文子、ニューカレドニアW杯で7位入賞!

鈴木文子 ウィンドサーフィン

ウィンドサーフィン(W杯)

大会情報

・大会名=Airwave Noumea Dream Cup(ワールドカップ最終戦)
・主催=PWA
・日時=2014年11月18〜23日
・場所=ニューカレドニア:ヌメア
・結果=7位(→2014年世界年間ランキング6位)
・関連サイト
  http://www.pwaworldtour.com

選手コメント

今年最後のワールドカップスラローム第5戦。
ニューカレドニアでの大会が今年の最終戦でした。

風も30ノットを超え、ウィメンズクラスは14レースも行うという、
最終戦には最高のコンディションとなりました。
セイルサイズも今年の大会では1度も使ったことのない最小セットで戦い、
初日は道具のチューニングが合わせられず、10位からのスタートで苦戦しました。
超強風コンディションだったため、マークでの衝突も多く今までにないかなりハードな戦いでした。
それでも初日に出遅れた順位を気持ちを切り替えながら、
最後まで順位を上げ続ける事が出来た事は良かったかなと思います。

今回は3位を獲るレースもあれば、11位になったりと成績にかなり波のある順位となりました。
初日からチューニングを合わせる事が出来ず、思い切ったレースが出来なかった事、
ウィンドの総合力が足りなかった事がはっきり分かったレースでもあったので、
来年に向けて1から調整していきたいと思います。

今年1年、ワールドカップ全戦する事ができたのも、
本当にアスリートエールで沢山の方に応援して頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
たくさんの応援ありがとうございました。
次はジャパンサーキットが3月まで続くので、
全日本4連覇を目指して頑張りたいと思います。

2014.11.23/ウインドサーフィン・鈴木文子

Image 1

ウインドサーフィン・鈴木文子、トルコWorld Cupで8位!

鈴木 文子 ウインドサーフィン

鈴木文子(ウインドサーフィン)8位

大会情報

・大会名=PEGASUS Airlines ALACATI PWA World Cup 2014(W杯・第2戦)
・主催=PWA(プロフェッショナル・ウィンドサーファー・アソシエーション)
・日時=2014年8月26~31日
・場所=Turkey / Alacati
・結果=スラローム女子8位入賞(世界ランキング7位にアップ)
・大会サイト: http://www.pwaworldtour.com/index.php?id=920

選手コメント

W杯・第2戦は、前半は4位だったのですが、後半にミスを生み、8位まで落としてしました。
正直、今回は良いスタートを切ろうと攻め過ぎてしまって、
予選からリコール(フライング失格)を2回起こして決勝に残れなかったり、ジャイブでの接触も多く、
今までのレースの中で一番ミスの多いレースとなりました。

ただ、今回は昨年からの課題の“スピード”が改善されました。
今回の大会中のスピードチャレンジでは、優勝選手サラキタに次いで2番でスピードでした。
(女子の一番の最高スピードは61km/hで、私が59km/hでした)

今回も多くの応援と支援をありがとうございました。
今大会の動画も沢山ありますので、是非、世界最高峰のウィンドサーフィンを御覧下さい!

又、来月はW杯・第3戦のフランスへ行きます。
W杯・初戦は世界ランク11位から始まりましたが、今回で7位に上がる事が出来ました。
残りは2戦です(W杯・女性スラローム競技は年間・全4戦)。
世界一目指して頑張りますので、どうぞ応援と御支援を宜しくお願いいたします。

2014.8.31/ウインドサーフィン・鈴木文子

Image 1