athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
生年月日 : 1965年12月13日
身長・体重 : 174cm/50kg
出身 : 福島県須賀川市
競技 : 車椅子卓球
所属 : ディスタンス(東京)、情報通信研究機構卓球部、
プロフィール | 戦績

ファン数:96


車椅子卓球-龍の球-


活動情報

ニュース【国際大会】Lignano Master Open 2016 (イタリア 2/14-20) 2016-02-21 20:31

Lignano Master Open 2016 
(イタリア 2/14-20)

個人戦 銀メダル
団体戦 銅メダル

今年からジュニア・オープン(U23)が開催されることとなり、このイタリア・リニャーノマスター・オープンから実施され、ジュニア→シニア通しての10日間の長期間にわたる大会に参加いたしました。
当然の如くU23のジュニア・トーナメントには参加できませんが日本から参加した選手のベンチコーチはじめ応援をしました。

私は昨年初めて参加したこの大会では、個人、団体戦共にメダルを獲得するまでに至らなかった結果でしたが、今大会は個人戦準決勝でランキング8位の選手に勝利したまでは良かったが、続く決勝では昨年末のコスタリカ・オープン決勝で勝てた選手との対戦でしたが、0-3のストレート負けでリベンジされ、3大会連続の金メダルを逃し、銀メダルという結果となりました。
研究され、昨年末からこの2カ月で差を広げられたという印象でした。
ホームに持ち帰り、本番のリオパラに備え、解決策を練り対応したいと思います。

団体戦は昨年のチェコ、ベルギー・オープン同様にISR選手と国際コンバインドチームとして予選を2位で通過し、対UKR戦準決勝では1-2と惜しくも敗れ、銅メダルに終わりました。
団体戦のレギュレーションが変わり、1ダブルス2シングルとなり、従来のコービロン方式とは異なり、各国作戦が様々でした。
新たに勉強させられました。

まだまだ、やることは多々あるところだが、日々刻々とリオパラが近づいてきています。
次回、5月のスロベニア、スロバキア・オープンでは更なる結果を目標に頑張りますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。


チャレンジ・メッセージ
2020TOKYO・パラリンピック メダル獲得
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 525以上の支援で

    Athlete Yell 上にお名前またはニックネーム記載

    1050以上の支援で

    メールマガジン配信

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社ケイズグループ   株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.