athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
生年月日 : 1965年12月13日
身長・体重 : 174cm/50kg
出身 : 福島県須賀川市
競技 : 車椅子卓球
所属 : ディスタンス(東京)、情報通信研究機構卓球部、
プロフィール | 戦績

ファン数:96


車椅子卓球-龍の球-


活動情報

ニュース第33回ジャパン・オープン肢体不自由者卓球選手権大会 団体戦 2013-03-11 21:04

大会2日目【団体戦】
 
個人戦の優勝から一夜明け、一戦一戦をしっかりと勝ち抜き、
チーム一丸となって4連覇を目指しました。
 
前日の個人戦での疲れか、あまり良い調子ではないかな?って感じでした。
シードなので準々決勝からの参戦
初戦から強豪チームとの組合せでダブルスを勝った方が勝利に辿り着ける試合でした。
一番手(藤井)は久しぶりに対戦したいと手を揚げたが、惜しくも逃すもののダブルス(吉田・藤井)を
しっかり取り、最後(宇津木)はしっかり勝ちを納めてくれ突破。
 
準決勝は監督(柳)自ら先陣を切って勝利しダブルス(吉田・藤井)もしっかり勝って決勝進出。
 
決勝は大方予想通りの東京Bチーム
いつも練習しているチーム内だけにやりづらいし、取りこぼしもあり得る。
 
しっかり勝ちに行こうと先陣を切って自分が出たが1-3で負けてしまい。
続けてダブルス(吉田・藤井)にも参加したが、やはり気負ってるのか思うように行かず
フルセットにもつれ込み、しかも大手は先にBチーム
ここで負けたら試合は終わってしまう。
なんとかジュースに持ち込み最後は執念のネットインで14-12のカウントでゲームセット
やっと笑顔^^
 
三番手(宇津木)に勝利を託した。
ここは選手層の厚いAチーム。
昨日の個人戦決勝での負けのウップンを晴らすかのようにガッツリストレートで勝利し念願の4連覇達成
 
正しくチーム一丸での優勝でした。
 
そして個人的には2冠達成させていただきました。
 
応援してくださった皆様本当にありがとうございました。

チャレンジ・メッセージ
2020TOKYO・パラリンピック メダル獲得
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 525以上の支援で

    Athlete Yell 上にお名前またはニックネーム記載

    1050以上の支援で

    メールマガジン配信

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社ケイズグループ   株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.