athlete yell

アスリートの競技生活をサポートする「オンライン後援会」

  • ログイン
  • 新規会員登録
  • ヘルプ
吉田 拓 選手
生年月日 : 1988年09月15日
身長・体重 : 167cm/65kg
出身 : 京都・木津
競技 : カヌー
所属 : 
プロフィール | 戦績

ファン数:119



活動情報

ニュース自分・・・ 2015-05-18 05:47

ヨーロッパに入り約1ヶ月が過ぎました。
現在はブラチスラバにいます。

最初の一ヶ月はレースをすることをメインにし、スペイン・La Seu、チェコ・プラハ、スロバキア・ブラチスラバと転戦してきました。

このレースに出る意味は大きく2つあり、一つはモチベーションの為です。

当初は9月の世界選手権でのオリンピック獲得を目標に今シーズンを過ごすつもりでしたが、大きな目標を失ってしまいました。

選考会後は廃人(笑)状態だったので、リオオリンピックまでのモチベーションを上げることが一つ。

二つ目は、4月の日本代表選考会も含め、ここ最近のレースで引っかかっていること。モヤモヤを晴らすことです。

 

 

それぞれのレースで試したかったことを実行し、やっと気づくことができました。

それは「自分は何で勝負をするのか?」ってことです。

今までの僕のカヌーの特徴というのは

・攻撃的な漕ぎ

・リスクを負ってでも速い

・俊敏な動き・反応

・反射神経

このようなところです。

それがまた自分のデメリットにもなっているところがありました。

最近は安藤コーチの客観的な視点の元、その破天荒な漕ぎを抑え、ミスやタイムロスを減らし、タイムを出す。早くゴールをすることを目指してきました。

その中では、

・やらなくちゃいけないこと。

・やってはいけないこと。

・守るべきセオリーやルール

などのルールが自分の中にあり、その事に縛られすぎて自分らしさやポテンシャルを殺してしまっている。今までは攻撃的に漕ぐことで勝負し、挑戦し、勝ってきていたのに、上手く漕ごうとしすぎて小さく収まっていまっている。

自分らしさを抑えて他のことに囚われているから自信がなくなってしまっているんだと。

 

今までの「動」の動きと、それを抑える「静」の動きのバランスが崩れている。

だから歯車が噛み合わずにずっとモヤモヤしたレースしか出来ないのだと、レースを通じて確認することが出来ました。

吹っ切れればいいんだと!!!

3つのレース全てパッとしないダメダメなレースでしたが、意味のあるレースでした。

スロバキアの最後のレースは思いっきりモヤモヤしたレースをしてやっと気づくことができました。

 

これから残りの1ヶ月半はトレーニング期間です。

代表じゃないからこそ、トレーニングに時間が割けるし、その分強くなれる。

そう思うと早く明日になって練習がしたい!モチベーションガンガン上がってます。

 

 

この一ヶ月間は一人になり、自分に向き合いカヌーをしてきました。自分の為だけにカヌーをしてきました。

ブログの更新や報告をしてきませんでしたが、やっぱり僕がカヌーを続けていきたいと思うのは自分の為はもちろんですが、応援してくれるたくさんの人がいるからです。

こうして遠征ができるのもたくさんの方が支援してくれるからです。

その気持ちに応えたいと必死でオリンピック目指してやって来ましたが、日本代表選考会で躓き転びましたがそれでもたくさんの人が支えてくれる。だから絶対に諦めない!そう思うことができます。

本当に本当に感謝しています。

いつも応援ありがとうございます。

そして、これからもよろしくお願いします!

 


チャレンジ・メッセージ
リオオリンピックの頂点を目指してスタートしています。吉田拓の夢の実現を応援して下さい。
もっと見る
簡単なステップで
今すぐ支援!
※任意の金額を入力して下さい。
  • 1 回
  • 毎月
  • 52500以上の支援で

    公式ホームページ&アスリートエールにバナー掲載

  • 105000以上の支援で

    メリット1プラス 使用ボートに企業ステッカー貼付

スポンサーメリット一覧 ≫





ご利用の皆様へ

アスリートの皆様へ

企業の皆様へ

■サポート企業様
株式会社アスリートプランニング   株式会社マルタカ・パルス   一般社団法人 疲労回復協会   株式会社フィートインデザイン

athlete yell

Copyright (C) 2012 Athlete Yell All Rights Reserved.